最新情報

  • ホーム
  • 最新情報
  • 新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起(2020年3月16日)

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起(2020年3月16日)

2020年3月16日

新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起

 新型コロナウイルス関連の情報においては、日々新しい情報がメディア等で報道されております。
 2020年3月15日現在、国内では780人の感染者が確認されており、今後も感染が拡大するものと考えられます。
 学生の皆様は、不測の事態に備え、以下の注意事項を確認し、外務省及び厚生労働省等の情報に十分注意して行動するようにしてください。

 

新型コロナウイルス感染症に対する水際対策の抜本的強化に向けた更なる政府の取組について
    1. 検疫の強化、航空機の到着空港の限定、査証の制限等があります。
    2. 感染症危険情報レベル3又はレベル2の国・地域(3月16日10:00現在)
        ※感染症危険情報レベル3「渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」
        ※感染症危険情報レベル2「不要不急の渡航は止めてください。」

    1. 中国:全ての地域
    2. 韓国:全ての地域
    3. イラン:全ての地域
    4. イタリア:全ての地域
    5. サンマリノ:全ての地域
    6. バチカン市国:全ての地域
    7. スイス:ティチーノ州
    8. スペイン:マドリード州、バスク州、ラ・リオハ州

     上記の地域からの帰国者、滞在歴がある場合、帰国後14日間自宅で待機し健康観察を行ってください。
     体温37.5度以上が4日以上続けば医療機関の診療を受診するようにしてください。

     新型コロナウイルス肺炎と診断された場合は、速やかに学生課(電話:079-223-6505)まで連絡すること。

    本年度卒業する学生及び在学生については、特段の理由がない限り、3月31日までは、本学への入構はご遠慮ください。

     

    お問合せ

    【学生課】

    079-223-6505 (直通)

    gak@gm.himeji-du.ac.jp

     

    参考

    外務省「海外安全ホームページ」
    厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」