姫路獨協大学 薬学部 医療薬学科
生物物理化学研究室
Division of Biophysical Chemistry

研究業績(2008~)

2020年

原著論文

  • "Real-time in-situ 1H NMR of reactions in peptide solution: preaggregation of amyloid-β fragments prior to fibril formation " E. Okamura, K. Aki, Pure and Applied Chemistry 2020; 10.1515/pac-2019-1201.
  • "Side-chain conformers to allow conversion from normal to isoaspartate in age-related proteins and peptides " K. Aki, E. Okamura, BBA-Proteins and Proteomics, 1868, 140483 (2020).
  • "Isomerization of aspartyl residue in amyloid beta fragments: The kinetics by real-time 1H NMR under neutral and basic conditions" K. Aki, E. Okamura, J. Soln. Chem., in press.

2019年

総説

  • "Solution NMR to Quantify Mobility in Membranes: Diffusion, Protrusion, and Drug Transport Processes" 
    E. Okamura, Chem. Pharm. Bull., 67, 308-315 (2019).

招待講演

  • “Real-Time NMR Spectroscopy of Biologically Relevant Reaction: Preaggregation of Amyloid-β Fragments Prior to Fibril Formation”, E. Okamura, OKINAWA COLLOIDS 2019, November 3-8, 2019, Nago, Okinawa, Japan.
  • “Real-Time in-Situ NMR of Biologically Relevant Reactions in Peptide Solution: Spontaneous Peptide Bond Cleavage of Aspartyl Isomers and Preaggregation of Amyloid-β Fragments”, E. Okamura, The 36th International Conference on Solution Chemistry, August 4-8, 2019, Xining, China.

受賞

  • 最優秀ポスター賞 Poster Award(Top 5, Excellent)
    K. Aki, E. Okamura, “The Kinetics of Amino Acid Isomerization in Amyloid Beta Fragments Quantified by Real-Time 1H-NMR”, The 36th International Conference on Solution Chemistry, August 4-8, 2019, Xining, China.

2018年

招待講演

  • "高分解能溶液NMRによるペプチド中の異性化、ペプチド鎖切断、凝集過程のリアルタイム計測:αクリスタリンとアミロイドβペプチド",
    岡村恵美子, 安岐健三, 第10回「タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会」, 2018年12月11日~12日(大阪)
  • "アスパラギン酸の異性化及び切断反応における複数残基同時観測と速度論解析~リアルタイムNMRを用いて~",
    安岐健三, 岡村恵美子, 第10回「タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会」, 2018年12月11日~12日(大阪)
  • "リン脂質2重層リポソーム:その構造・ダイナミクスから機能まで",
    岡村恵美子, 食品ハイドロコロイドセミナー2018, 2018年5月31日(宇治)

2017年

原著論文

  • "Glycosaminoglycan Binding and Non-endocytic Membrane Translocation of Cell-permeable Octaarginine Monitored by Real Time In-cell NMR Spectroscopy"
    Y. Takechi-Haraya, K. Aki, Y. Tohyama, Y. Harano, T. Kawakami, H. Saito, and E. Okamura, Pharmaceuticals, 10, 42 (2017).
  • "Kinetics of the competitive reactions of isomerization and peptide bond cleavage at L-α- and D-β-aspartyl residues in an αA-crystallin fragment"
    K. Aki and E. Okamura, J. Pept. Sci., 23, 28-37 (2017).

招待講演

  • "溶液NMRによる膜の動的構造と膜を場とした生体反応解析",
    岡村恵美子, 科学研究費 新学術領域「生命分子システムにおける動的秩序形成と高次機能発現」第2回秩序化分子システムワークショップ, 2017年12月26〜27日(奈良)
  • "溶液NMRによるリポソーム膜の構造と薬物保持状態の解析",
    岡村恵美子, 日本薬剤学会 物性FGセミナー2017 「化学構造解析だけじゃもったいない!医薬品開発へのNMR の応用」, 2017年8月4日(東京)

2016年

原著論文

  • "D-β-aspartyl residue exhibiting uncommon high resistance to spontaneous peptide bond cleavage"
    K. Aki and E. Okamura, Sci. Rep., 6, 21594 (2016).

総説

  • " Kinetics of Membrane Binding and Mobility of Drugs by Multinuclear Dynamic NMR in Situ "
    E. Okamura, Journal of the Society of Japanese Women Scientists, 16, 7-14 (2016).

著書

  • "NMR of Drug Delivery Coupled with Lipid Membrane Dynamics"
    E.Okamura, in Encyclopedia of Biocolloid and Biointerface Science, Ed. by H. Ohshima, Volume 1, Chapter 30, pp. 391-402, John Wiley & Sons, Inc., 2016.

招待講演

  • "NMRによるリポソーム膜の構造と薬物保持状態の解析",
    岡村恵美子, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 第4回実用技術講座「分散・凝集のすべて」, 2016年12月13〜14日(東京)
  • "ベシクル・リポソームの科学-調製から物性・測定・応用まで-",
    岡村恵美子, 第34回関西界面科学セミナー, 2016年7月22~23日(神戸)
  • "微粒子分散系の科学:ベシクル・リポソーム",
    岡村恵美子, 日本油化学会 フレッシュマンセミナーOSAKA (2016),  2016年6月2日~3日(大阪)

受賞

  • 日本膜学会 膜誌論文賞(2016)
    Y. Takechi, Y. Shintani, D. Kimoto, and E. Okamura, "Regulation of Phospholipid Protrusion in the Cell Sized Vesicle by Hydrophobic Bisphenol A", Membrane, 40, 38-45 (2015).

2015年

原著論文

  • "Staggered side-chain conformers of aspartyl residues prerequisite to transformation from L-α- to D-β-aspartate 58 in human-lens αA-crystallin fragment"
    K. Aki and E. Okamura, Biophys. Chem., 196, 10-15 (2015).
  • "Regulation of Phospholipid Protrusion in the Cell Sized Vesicle by Hydrophobic Bisphenol A"
    Y. Takechi, Y. Shintani, D. Kimoto, and E. Okamura, Membrane, 40, 38-45 (2015). 日本膜学会 「膜誌論文賞」受賞論文

招待講演

  • "Mobility, location, and kinetics of membrane binding and delivery of drugs by solution-state 19F and 1H NMR",
    E. Okamura, 6th Asian Conference on Colloid and Interface Science, November 24-27, 2015, Sasebo, Nagasaki, Japan.
  • "L-α-およびD-β-アスパラギン酸含有ペプチドの分解と異性化反応の速度論:リアルタイムNMRとHPLCによる解析",
    安岐健三, 岡村恵美子, 第8回「タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会」, 2015年11月19日~20日(大阪)
  • "NMRによるリポソーム膜の構造と薬物保持状態の解析",
    岡村恵美子, 日本化学会コロイドおよび界面化学部会 第3回実用技術講座「分散・凝集のすべて」, 2015年10月26〜27日(東京)
  • "水晶体タンパク質模擬ペプチド中のAsp異性化に関わる側鎖の立体配座のNMR研究",
    岡村恵美子, 第15回日本蛋白質科学会年会 ワークショップ「蛋白質とアミノ酸のキラルサイエンス」, 2015年6月24日~26日(徳島)
  • "加齢にともなうアスパラギン酸の異性化と立体配座:水晶体αAクリスタリンペプチドの高分解能1H-NMR研究",
    岡村恵美子, 徳島大学大学院(創薬人育成のための創薬実践道場教育構築事業)特別講演会, 2015年6月25日(徳島)

2014年

原著論文

  • "Uptake of Sevoflurane Limited by the Presence of Cholesterol in the Lipid Bilayer Membrane: A Multinuclear Nuclear Magnetic Resonance Study"
    E. Okamura, Y. Takechi, and K. Aki, J. Oleo Sci., 63, 1149-1157 (2014).

総説・解説

  • "柔らかな生体界面の構造と機能:膜の動きと物質輸送のNMR" 
    岡村恵美子, Colloid & Interface Communication, 39, 23-25 (2014).

招待講演

  • "アスパラギン酸の異性化に関わる側鎖の立体配座の高分解能1H-NMR解析:αAクリスタリン模擬ペプチドを例として",
    安岐健三, 岡村恵美子, 第7回「タンパク質の異常凝集とその防御・修復機構に関する研究会」, 2014年12月11日~12日(大阪)
  • 溶液NMR によるリポソーム膜の動的構造と薬物輸送研究への展開",
    岡村恵美子, 第32回物性物理化学研究会, 2014年6月26日(京都)
  • "微粒子分散系の科学:ベシクル・リポソーム", 
    岡村恵美子, 日本油化学会 フレッシュマンセミナーOSAKA (2014),  2014年5月29日~30日(大阪)

2013年

原著論文

  • "Slow Tumbling but Large Protrusion of Phospholipids in the Cell Sized Giant Vesicle"
    Y. Takechi, H. Saito, and E. Okamura, Chem. Phys. Lett., 570, 136-140 (2013).
  • "Lateral Diffusion of Lipids Separated from Rotational and Translational Diffusion of a Fluid Large Unilamellar Vesicle"
    N. Yoshii, T. Emoto, and E. Okamura, Colloid Surf. B-Biointerfaces, 106, 22-27 (2013).

著書

  • 『揺らぎ・ダイナミクスと生体機能—物理化学的視点から見た生体分子』 寺嶋正秀編
    岡村恵美子,「第14章 生体膜」化学同人(2013)

2012年

原著論文

  • "Physicochemical Mechanism for the Lipid Membrane Binding of Polyarginine: the Favorable Enthalpy Change with Structural Transition from Random Coil to Alpha-Helix"
    Y. Takechi, C. Mizuguchi, M. Tanaka, T. Kawakami, S. Aimoto, E. Okamura, and H. Saito, Chem. Lett., 41, 1374-1376 (2012).

招待講演

  • "微粒子分散系の科学:ベシクル・リポソーム", 
    岡村恵美子, 日本油化学会 フレッシュマンセミナーOSAKA (2012), 2012年5月24日~25日(大阪)

受賞

  • 第11回 日本油化学会 オレオサイエンス賞 (2012)
    吉井範行・岡村恵美子, " NMRによる脂質膜中の薬物の「運動」の解析", オレオサイエンス, 11, 213-220 (2011).

2011年

原著論文

  • "Binding of Hydrophobic Fluorinated Bisphenol A to Large Unilamellar Vesicles of Egg Phosphatidylcholine"
    N. Yoshii, and E. Okamura, J. Phys. Chem. B, 115, 11074-11080 (2011).
  • "Kinetics of Binding and Diffusivity of Leucine-Enkephalin in Large Unilamellar Vesicle by Pulsed-Field-Gradient 1H NMR in Situ"
    N. Yoshii, T. Emoto, and E. Okamura, Biophysics, 7, 105-111 (2011).

総説

  • " NMRによる脂質膜中の薬物の「運動」の解析"
    吉井範行・岡村恵美子, オレオサイエンス, 11, 213-220 (2011). 「第11回 日本油化学会 オレオサイエンス賞」受賞論文
  • "ソフトな脂質膜の揺らぎと薬物透過についてのNMR研究"
    吉井範行・岡村恵美子, , 36, 9-15 (2011).

招待講演

  • "くすりの動き・吸収に見るコロイド・界面化学",
    岡村恵美子, 第29回関西界面科学セミナー, 2011年7月15日~16日(奈良)
  • "脂質膜のダイナミクスと薬物分配に関するNMR解析",
    岡村恵美子, 日本薬剤学会第26年会, 2011年5月29日~31日(東京)

2010年

招待講演

  • "ソフトな脂質膜の揺らぎと薬物透過についてのNMR研究",
    吉井範行, 岡村恵美子, 膜シンポジウム2010,2010年11月19日~20日(京都)
  • "水中の脂質二分子膜の構造・ダイナミクスと薬物輸送の溶液NMR研究",
    岡村恵美子, 第33回溶液化学シンポジウム,2010年11月16日~18日(京都)

2009年

原著論文

  • "Kinetics of Membrane Binding and Dissociation of 5-Fluorouracil by Pulsed-Field-Gradient 19F NMR " N. Yoshii and E.Okamura, Chem. Phys. Lett., 474, 357-361 (2009).

総説・解説

  • "高分解能溶液NMRによる薬物の膜への結合と膜のなかのダイナミクス"
    岡村恵美子, 分子シミュレーション研究会会誌「アンサンブル」, 11, 18-21 (2009)
  • "高分解能溶液NMRで捉えた脂質膜のダイナミクスと薬物の分配・輸送"
    岡村恵美子, , 34, 117-125 (2009).

招待講演

  • "Drug Binding and Mobility in Membranes by High-Resolution Solution NMR"
    E. Okamura, The 47th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 2009年10月30日~11月1日 (Tokushima)
  • "NMRによる膜中薬物の挙動の解析",
    岡村恵美子,  日本薬学会北陸支部特別講演会, 2009年6月25日 (富山)

受賞

  • 第2回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント (2009)
    岡村恵美子, "薬物のin-cell NMR:シグナルの非侵襲検出と輸送解析"

2008年

原著論文

  • "Drug Binding and Mobility Relating to the Thermal Fluctuation in Fluid Lipid Membranes"
    E.Okamura and N. Yoshii, J. Chem. Phys., 129, 215102-1~8 (2008).
  • "Cholesterol Location and Orientation in Aqueous Suspension of Large Unilamellar Vesicles of Phospholipid Revealed by Intermolecular Nuclear Overhauser Effect"
    C.Giordani, C.Wakai, K.Yoshida, E.Okamura, N.Matubayasi, and M.Nakahara, J. Phys. Chem. B, 112, 2622-2628 (2008).

招待講演

  • "Drug Binding and Mobility in Model Cell Membranes in Situ: A Pulsed-Field-Gradient NMR Approach"
    E. Okamura, Special Seminar, University of Pittsburgh, Molecular Biophysics and Structural Biology, June 19, 2008, Pittsburgh, USA
  • 微粒子分散系の化学:ベシクル・リポソーム,
    岡村恵美子, 日本油化学会フレッシュマンセミナーOSAKA (2008),  2008年5月15日〜16日 (大阪)
PAGE TOP