医療保健学部

臨床工学科

命に直結した器械を扱い、チーム医療の中核で活躍する

臨床工学科

Department of Medical Engineering

最新設備や兵庫県立姫路循環器病センターの全面協力によって、チーム医療の中核となる臨床工学技士の育成を目指しています。

MESSAGE

学科長挨拶&在学生の声

  • 八城正知教授 臨床工学科長

    人工心肺や人工呼吸器、血液透析装置などの様々な医療機器の保守、管理、操作を行う、いわば命のエンジニアとなるための学科です。最近は、医師や看護師とともに心臓カテーテル業務や内視鏡業務を行う機会が増えており、業務の幅も広がってきています。臨床工学技士、医師、臨床検査技師などの工学者が、あなた達を全力でサポートします。


  • 粟谷秀輝 兵庫県立神戸鈴蘭台高等学校出身

    特に興味があるのは医用治療機器学実習です。実際に臨床の現場で扱う機器に触れ、操作に必要な技術や知識をみにつけられるからです。1年次の早い段階から実際に治療を行っている現場を見学できるので、将来についてよりリアルに考えることができます。将来は、臨床工学技士として病院で働きたいです。

POINTS

臨床工学科の特徴

  • 01

    最新設備を備えた
    好環境での授業

    先進の医療機器を授業に活用。地域の医療機関での実習体験も多彩に用意しています。

  • 02

    1年次から現場へ
    多彩な見学・実習

    透析クリニックや人体解剖、臨床現場などを見学後、4年次に臨床実習に挑みます。

  • 03

    現場に熟知した教員による
    独自のプログラム

    医療現場を知る教員が指導。ワークショップやグループ形式で効率的に学びます。

取得を目指す資格

臨床工学技士

高度な知識を備えた専門職として、人工心肺装置や人工呼吸装置など医療機器の操作・安全管理を行い、チーム医療の一員として医療活動をサポートします。

RELATION

関連リンク

ページの先頭へ