ト ッ プ 研究室紹介 研究活動 教育活動 研究業績 その他
ようこそ、生物分析化学研究室(齋藤一樹研究室)のホームページへ! 研究室のメンバー・アクセス・連絡先などを紹介しています 研究テーマや研究室の設備を紹介しています 担当科目や教育支援活動を紹介しています 発表論文や学会発表のリストを掲載しています その他

最近のトピックス ★印を付した項目は、「研究室紹介|研究室雑景」 のページに写真が掲載されています。
2019.09.01 山本映子先生が新しい助手として着任しました。  New!!
2019.08.24 ★ 学部5年生の黒涼菜さんが、第32回バイオメディカル分析科学シンポジウムで、学生部門の「星野賞(優秀発表賞)」を受賞しました。   New!!
2019.08.03 ★ 生物分析化学研究室が、本学オープンキャンパスの薬学部ミニ講義・体験実習を担当しました。  New!!
2019.05.30 ★ 齋藤一樹先生の研究が、「ひょうご科学技術協会」の「学術研究助成金」に採択され、その贈呈式が神戸市内のホールで執り行われました。 詳細 別のウインドウで開きます
2019.05.04 宮本和英先生の第79回分析化学討論会での研究発表が同討論会のトピックスの1つとして取り上げられ、日本分析化学から限定配布された冊子「展望とトピックス」に掲載されました。 冊子 別のウインドウで開きます
2019.04.22 ★ 「日本薬学会 第139回年会」(2019年3月開催)において、田口由加里さん(学会当時、学部5年生)のポスター発表が「学生優秀発表賞」に選出されました。 詳細 別のウインドウで開きます
2019.03.27 宮本和英先生の論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3610 別のウインドウで開きます
2019.03.21 ★ 齋藤一樹先生が、幕張メッセで開催された「日本薬学会 第139年会」の物理系薬学部会シンポジウム「健康・医療・創薬に貢献する物理系薬学研究の最前線」で、招待講演を行いました。
2019.03.19 ★ 学部6年生の上地愛理さん、堂川晃基君がご卒業されました。
2019.03.15 新たに5名の学生の生物分析化学研究室への配属が決まりました。
2018.10.10 宮本和英先生の論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3532 別のウインドウで開きます
2018.09.24 2018.04.11に米国タンパク質学会のProtein Science誌に受理された総説論文が、同誌の27巻8号の巻頭論文となり、その号の表紙絵を飾りました。 詳細 別のウインドウで開きます
2018.06.06 宮本和英先生の論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3452 別のウインドウで開きます
2018.05.02 宮本和英先生がNMRを用いて明らかにしたヒト KIAA1045 proteinというタンパク質のPHD Fingerドメインの立体構造のデータがProtein Data Bankのサイトで公開されました。 PDB Entry: 5XHT 別のウインドウで開きます
2018.05.02 宮本和英先生がNMRを用いて明らかにしたRING finger protein 141というタンパク質のC端側Zinc Fingerドメインの立体構造のデータがProtein Data Bankのサイトで公開されました。 PDB Entry: 5XEK 別のウインドウで開きます
2018.04.19 ★ 学部6年生の上地愛理さんが、本学の学生を代表して、姫路商工会議所で開催された「第21回西播・姫路医療セミナー」で、口頭発表を行いました。
2018.04.11 宮本和英先生の総説論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3427 別のウインドウで開きます
2018.04.05 ★ 新歓お花見会を行いました。
2018.04.01 石垣悠里先生が新しい助手として着任しました。
2018.03.26 ★ 宮本和英先生が、金沢で開催された「日本薬学会 第138年会」において、シンポジウム「がん診断・治療に貢献する次世代分析法開発への挑戦」を主催しました。
2018.03.16 ★ 学部6年生の中谷有沙さんがご卒業されました。
2018.03.06 新たに7名の学生の生物分析化学研究室への配属が決まりました。
2018.02.06 宮本和英先生の論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3389 別のウインドウで開きます
2017.12.16 ★ 学部5年生の山下歩美さんが、昨年の中谷さんに続き、第34回関西地区ペプチドセミナーで「優秀ポスター賞」を受賞しました。 詳細 別のウインドウで開きます
2017.10.11 宮本和英先生がNMRを用いて明らかにしたSynaptotagmin-like protein 4というタンパク質のN端側Zinc Fingerドメインの立体構造のデータがProtein Data Bankのサイトで公開されました。 PDB Entry: 5X6T 別のウインドウで開きます
2017.09.11 宮本和英先生の論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3301 別のウインドウで開きます
2017.08.27 ★ 学部5年生の山下歩美さんが、本学を代表して、神戸国際会議場で開催された「兵庫県薬剤師会・病院薬剤師会連携1周年記念大会」の分科会で、発表およびパネルディスカッションを行いました。
2017.07.05 ★ 齋藤一樹先生が、本学で開催された「平成29年度兵庫県高等学校教育研究会科学部会・生物部会総会及び研修会」の合同講演会で、招待講演を行いました。 詳細 別のウインドウで開きます
2017.05.15 宮本和英先生の論文がProtein Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/pro.3201 別のウインドウで開きます
2017.04.01 齋藤一樹先生が本学の評議員になりました。
2017.03.17 ★ 学部6年生の藤田真衣さんがご卒業されました。
2017.03.12 ★ 宮本和英先生が、立命館大学大阪いばらきキャンパスでで開催された「超異分野学会大阪フォーラム2017」で、招待講演を行いました。
2017.03.06 新たに3名の学生の生物分析化学研究室への配属が決まりました。
2017.02.09 宮本和英先生の総合論文が受理され、日本分析化学会の和文誌「分析化学」の特集号「医療に貢献する分析化学」の巻頭論文として掲載されました。 DOI: 10.2116/bunsekikagaku.66.393 別のウインドウで開きます  詳細 別のウインドウで開きます
2016.12.27 宮本和英先生の論文がJournal of Peptide Science誌に受理されました。 DOI: 10.1002/psc.2972 別のウインドウで開きます
2016.11.26 ★ 学部5年生の中谷有沙さんが、第33回関西地区ペプチドセミナーで「優秀発表賞」を受賞しました。 詳細 別のウインドウで開きます
2016.11.01 ホームページ(暫定版)を公開しました。
2016.08.01 ★ 齋藤一樹先生が本研究室の二代目の教授として着任しました。

© 2016–2019 All Rights Reserved. Division of Bioanalytical Chemistry, Faculty of Pharmaceutical Sciences, Himeji Dokkyo University.