看護学科

地域医療の多様なニーズに的確に応える幅広い専門知識と視野を持った看護職者の育成。

医療を担う人材の不足が続くなか、高齢化にともなう在宅医療の拡充など、医療機関に求められる領域はますます広がっています。 看護学科では、そうした現状に対応するため、医療・保健・福祉の分野にわたる専門知識と幅広い視野を併せ持つ看護職者の育成を図ります。


POINTS

看護学科 学びのポイント

  • 01

    看護師とともに保健師の国家試験受験資格取得が可能

    指定の実習と単位を修得することで、保健師の国家試験受験資格が得られます。(選抜制20名)

  • 02

    体系的なカリキュラム編成でチーム医療を理解

    基礎・専門を修得し、臨地実習で学ぶことでチーム医療への理解を深めます。

  • 03

    臨床現場を模擬的に再現した体験型授業の導入

    臨床現場の状況を模擬的に再現した体験型授業(シミュレーション教育)を導入しています。

育成する人物像

  • 多様化する社会のニーズに応える幅広い教養と豊かな感受性を持った人材

  • 生命の尊厳や人権を守り、多様な価値観や意見を認め尊重できる人材

  • ヒューマンケアに基づく基礎的な看護実践能力を持った人材

  • 保健・医療・福祉チームの一員として多職種と連携・協働できる人材

  • 科学的思考と問題解決能力、主体的学習能力で自己成長ができる人材


ピックアップカリキュラム

看護学科の進路

大学で学修した看護実践能力の総復習と強化を、卒業直前に実習病院と連携のもと、1期生より導入しています。卒業直前に実施することで、資格取得後、自信を持って就職し、大学での学びを発揮できる能力の強化を目指します。なお、同じ学校法人獨協学園系列にある獨協医科大学病院、獨協医科大学埼玉医療センター、および獨協医科大学日光医療センターへの就職も広く門戸が開かれています。

病院・診療所などの医療機関

保健所

保健センター

行政機関・地方自治体

在宅医療・福祉施設

企業・学校の健康管理室

国際貢献

大学院進学 など


RELATION

看護学科関連ページ

ページの先頭へ

学群・学部

School and Faculty