国家試験対策

学生と教員の協働による早期国家試験対策

[国家試験合格に向けて]

  • 1年次

    基礎学習の定着

    基礎的な学力の向上を目指します。早期から模擬試験にチャレンジし、国家試験に対する意識を高めます。

  • 2年次

    自律的な学習目標の立案

    1年次を振り返り、自らの学習目標を立案し実行します。再度、模擬試験にチャレンジし、学習成果を確認します。

  • 3年次

    弱点の克服と学びの深化

    学内講義および実習を通し学習を深め、知識の確認およびアセスメント能力を養います。実習での学びから習熟度をチェック、自らの弱点を克服します。

  • 4年次

    模擬試験・対策講座

    模擬試験や対策講座に定期的に取り組みます。  知識の定着を図り、国家試験合格水準への到達を目指します。

VOICE

充実のポイント

  • 先生と話す機会が多いので、困ったことがあればすぐ相談しています。

    安達 菫
    看護学部 看護学科 1年次 兵庫県立網干高等学校 出身

  • 看護学部の授業は大変ですがとてもやり甲斐があります。授業の中心となるグループ演習では、全員が協力して一つの課題を乗り越えることが求められます。その中で、私は自分の意見を述べる力や協調性を身につけることができました。現在の目標は希望者から選抜される2年次の海外研修に参加すること。将来、専門看護師になりたいと考えており、そのためにも海外の看護を実際に体験し、様々な知識や考え方にふれてみたいです。国家試験にも早めから準備して、励ましあいながら合格を目指してみんなを引っ張っていきたいです。

PICK UP

充実のポイント

  • 学生が自由に学べる「国家試験対策室」を整備

  • 授業以外にも「国家試験対策強化演習」を展開

  • 個々の学生に応じた個別学習指導の実施

  • Web学習システムの導入

国家試験対策WEBについて

RELATION

看護学科関連ページ

ページの先頭へ

学群・学部

School and Faculty