看護学部

他学部、地域、医療施設や教育期間との連携。
総合大学だからできる充実の教育環境があります。

MESSAGE

学部長挨拶

学部を創成していく喜びと誇りを仲間と共に

看護学部は、姫路市及び播磨地域の保健、医療、福祉の水準の向上に寄与する、高い志と実践基礎能力を持った看護師を育成することを目指して、2016年に誕生しました。この3月に初めての卒業生を送り出したフレッシュな学部です。
誰も予想しなかった新型コロナウィルス感染症の世界的流行は、社会を揺るがす事態となっています。私たちの日々の生活が世界と直結していること、そして、その克服には、世界中の国を挙げて、医療だけでなく様々な学問分野がその英知を結集して努力しなければならないことを知らしめています。そして、皆さんが目指す「看護師」は、医療現場や保健・福祉現場で直接の医療ケアに携わる専門職として、厳しい現実に立ち向かっています。
大学においても、感染の防止策を講じながらの学習活動には、多くの工夫が必要です。しかし、私たちは、みんなの知恵を最大限に活かして、どんな試練にも窮地を脱する手立てがあるはずだと考えています。この危機を乗り越えることで、必ず人々の新たな絆や社会システムなど、豊かな成果につながることを信じています。 「学問」は、いつの時代でも、学べば学ぶほどますます興味や好奇心が掻き立てられる、広さと深さを備えています。2020年は、近代看護を築いたフローレンス・ナイチンゲールの生誕200年です。姫路獨協大学で、「看護学」を学ぶ喜びと誇りを仲間と共に育てていきましょう。

看護学部長 井上 清美 教授

TOPICS

看護学部の特徴

Faculty of Nursing

Facilities

先端施設・設備

実習室は看護の対象者が存在する場を想定しており、看護実践に必要な看護技術を磨いていく場所です。
講義で学んだ知識を基盤にして、技術の練習を積み重ね、看護実践力を向上させていきます。

RELATION

関連リンク

看護学部

学群・学部

関連ページ