学部・大学院

経済情報学部 最新情報

一覧

    記事が存在しません。

経済情報学部 イベント情報

一覧

経済情報学部

「経済」「経営」「会計」「情報」の相乗効果で実践力を育む。

4つのコースで、生きた経済を学ぶ。

本学部は「経済」「経営」「会計」「情報システム」の4コースがあります。2年次でコースを選択し、以降、それぞれの分野の学びを深めていきます。「情報システムコース」ではより実践的な情報処理技術を、他の3コースでは、「経済」「経営」「会計」の専門スキルを学ぶことができます。

充実の資格サポートは1年次から。本学部では資格取得を推奨しています。通常授業やゼミ内でのサポートだけでなく、専用演習室「会計工房」「メディア工房」を設置し、簿記系資格や情報系資格の取得を応援しています。/会計工房・メディア工房あ

経済情報学部Q&A

Q1どうして経済と情報を一緒に学ぶのですか?

images

A経済の分野でも、パソコンスキルの有無が就職に大きく影響するからです。たとえば会計士も顧客情報などの管理はほぼパソコンで行いますし、また、どんな業種でもネットリテラシー(ネットの情報活用能力)は必須になります。学問の知識に加え、社会で求められるパソコンスキルを身につけることが、これからの社会で必要とされる人材の育成に欠かせないのです。


Q2コースの変更はできますか?

images

Aそもそも「コース」は科目の色分けであって、科目の選択を制限したり2年次以降の進路を決定するものではありません。コースごとに必修科目はありますが、基本的に他のコースからも自由に科目を選べます。目標が決まっている方は目標に沿った科目を中心に選び、じっくり将来を考えたい方は幅広く受講しながら自分に合った分野を決定してください。


Q3特色のある講義はありますか?

images

A地域で活躍されている企業の方々を講師として迎え、経済の動きやビジネスの現状などが学べる講義を開講しています。学生一人ひとりが自身の職業観を培うことをめざしています。

●地元企業経営者による講義
地域産業の現状・問題点を学び、今後の展望や戦略を学びます。
●地元金融機関(姫路信用金庫)による講義
姫路の中小企業と関係の深い信用金庫の役割や仕組みについて学びます。
●野村證券提供による講義
資金運用の基礎的な考え方や株式・債券・投資信託などについて学びます。
●NPO法人代表による講義
社会が求める商品やイベントの企画プロデュース能力を身につけます。


ページの先頭へ