学部・大学院

教員紹介

クロス 尚美 [クロス ナオミ]

Dr Naomi Cross Professor Naomi Cross

【学部】外国語学部外国語学科:教授

【学類】国際言語文化学類:教授

【大学院】言語教育研究科日本語コース:教授

【連絡先】

079-223-2211(代)

079-223-6509

専門分野

  • 言語学
  • 日本語教育

担当科目

【学部】
  • 日本語教授法
  • 日本語文章表現
  • 多文化コミュニケーション
  • 基礎演習
  • 演習


【学類】
  • 日本語教授法
  • 日本語文章表現
  • 多文化コミュニケーション
  • 基礎演習
  • 入門演習
  • 演習


【大学院】
  • 対照言語文化研究
  • 日本語教授法
  • 研究指導


メッセージ

大学は学ぶことの楽しさを再発見するところです!

学歴

University of Oxford, MPhil (Modern Japanese Studies)
University of Durham, PhD (Linguistics)
Newcastle University, MA (Linguistics for TESOL)

所属学会

日本語教育学会
BATJ British Association of Teaching Japanese as a Foreign Language

翻訳書

  • 『日本語文型辞典 英語版』(共訳):くろしお出版(2015年)

論文

  1. Translating into Japanese mimetic: Grammatical class-shifts and historical development coauthored with Mika Kizu. In N. Iwasaki, P. Sells and K. Akita (eds), The Grammar of Japanese Mimetics Perspectives from structure, acquisition, and translation. 221-237. London and New York: Routledge (2017)
  2. 「高橋たか子にみる「悪意」と「母性」と「キリスト教」 -遠藤周作と比較して-」 『姫路獨協大学外国語学部紀要』第29号、pp111-124 (2016)
  3. 「日本人学生・留学生混在型『多文化コミュニケーション』の授業運営:実践報告」 第28回日本語教育連絡会議論集』pp113-120 (2016)
  4. 「“Little Lord Fauntleroy”の邦訳にみる外来語の変遷と継続 -明治中期から現代まで-」 『姫路獨協大学外国語学部紀要』第28号、pp67-83 (2015)
  5. 「言文一致体と現代日本語の関係性―翻訳『小公子』にみられるオノマトペ表現の比較を通して」『姫路獨協大学外国語学部紀要』第27号、pp1-16 (2014)
  6. 「現代日本語の原点としての明治期翻訳文学 - 若松賤子訳『小公子』を中心に」『第26回日本語教育連絡会議論文集』No 26 pp1-8 (2014)
  7. 「言文一致運動の二層性と現代日本語 -若松賤子の役割-」『ことばの研究』 第1号 pp1-25 (2013)

口頭発表

  1. 「日本人・留学生混在「日本語文章表現」の授業運営―多文化共生・多文化コミュニケーション教育の一環として-」 BATJ 18th Annual Conference 2015, University of Cambridge, (2015)
  2. Emergence of Role-Language and the Vernacular Movement in Japanese Translation, East-Asian Translation Studies Conference June 2014, University of East Anglia, 共同発表 (with Mika Kizu) (2014)
  3. Translating into Japanese Mimetics: A case study of Shokoshi (Little Lord Fauntleroy) in the Meiji era and the present time, The Grammar of Mimetics May 2013, The School of Oriental and African Studies, London共同発表 (with Mika Kizu) (2013 )
    など

ページの先頭へ