■最新情報
[2013/06/06]
CLSプログラム(重要言語奨学金)開催 [国際交流センター]

 アメリカ国務省の教育プログラムの一つであるCritical Language Scholarship(重要言語奨学金)を受けて、全米から選抜された学生が姫路獨協大学にやってきます。
 このプログラムは、アメリカ国務省が「国家安全保障にとって重要な役割を果たす言語の人材養成及びアメリカ人にその言語を教えることができる教師の拡大」を目的として設立したもので、他に中国語、アラビア語、ロシア語など13の重要な外国語が対象となっています。
 今回はオハイオ州立大学とオハイオ大学が共同申請したものが採択され、全米の大学に向けて募集し、選抜された学生達です。
 姫路獨協大学は日本で唯一のCLSプログラム開催校(2013〜2015年の3年間)として、学内での日本語学習や市内の文化施設見学、伝統文化体験、本学学生・姫路市民との交流、ゆかたまつり・お城まつりへの参加、企業見学など多彩なプログラムで学生達の日本・日本文化理解に資するよう準備しています。

●研修期間
 平成25年6月8日(土)〜8月4日(日)
 (約8週間)

●来学者
 大学生(20人)・大学院生(9人)
 教員(6人)

●授業時間
 月〜金曜日(午前・午後とも2コマ)

●授業内容
 日本語中・上級学習、
 日本文化学習、課外活動等




1.一覧へ戻る
0.TOPへ戻る

お問合わせ
姫路獨協大学
〒670-8524
兵庫県姫路市上大野7-2-1
tel 079-223-6515(入試センター)
mail nyushi@gm.himeji-du.ac.jp