卒業生インタビュー

  • 勤務先

    株式会社姫路ヴィクトリーナ マーケティング営業本部

    バレーボール界に貢献するスポーツ裏方のプロに

    法学部 法律学科 2018年 卒業
    菅原 未来さん(山口県出身)


    プロバレーボールチームに運営、所属アスリートのマネージメントを行う企業で営業を担当しています。チームが勝ったとき、スポンサー・講演会の皆さまに喜んでいただけたときはとても嬉しいです。チーム以外にもバレーバール界全体に貢献したいと、日々仕事に取り組んでいます。プロバレボール選手を目指す若者たちが、この姫路で技術を身につけ、トップレベル選手となり五輪を目指してもらえる体制をつくったり、アスリートの引退後もセカンドキャリアの土壌を提供できるような、スポーツ企業としてのプロフェショナルを目指しています。

    姫路獨協大学では、自分で考え、発信するという学びを得ました。これは今の営業活動にとても役立っています。就職サポートも一人ひとりに合った仕事を探してくださり、職員の方の丁寧な対応が今の自分につながっていると思います。


  • 勤務先

    姫路消防署

    サッカー部で鍛えられた「強さ」で、一人でも多くの人を救いたい。

    法学部 法律学科 2008年 卒業
    山本 尚さん(兵庫県出身)


    大学時代は法律を学びながら、プロを目指してサッカーに明け暮れる毎日でした。卒後後、サッカーで鍛えた心身の強さを活かせる道はないか?と考えて選んだのが消防士です。

    現代は姫路消防局で、高度救助隊員として働いています。救助資機材の知識や技術を習得しているので、火災現場では率先して救出にあたり、水難や山岳遭難、特殊災害といった災害現場へも出動します。

    毎日厳しいトレーニングを重ねていますが、苦労せずにこなせているのはサッカー部のきつい練習を乗り越えてきたから。当時、監督やスタッフの方々に厳しく、愛情を持ってサッカーを教えてもらったことも、部隊のチームプレーの形成や後輩を指導するうえで非常に役立っています。これから先も最前線で活動するために体力錬成を続けて、人命救助に貢献していきたいです。


  • 勤務先

    姫路ホテルマネージメント株式会社 ホテル日航

    留学経験で得た「前向きさ」で、お客様とホテルを明るく笑顔に。

    外国語学部 外国語学科外国語専攻 2019年 卒業
    中本 開晟さん(兵庫県出身)


    今の職場に出会えたのは、キャリアセンターのおかげです。希望職種に合う会社をこまめに紹介していただき、私の力では見つけられなかった会社の説明会にも行くことができました。現在、私はホテル日航姫路の宿泊部に所属し、日々、フロントでお客様をお出迎えしています。海外からのお客様も多く、在学中に磨いた英語力が活かされています。また、シンガポールとドイツへの短期留学で身につけた前向きさとコミュニケーション力は、お客様の様々なニーズに、柔軟な対応が必要な現在の業務において私の強みになっています。

    この仕事をしていて一番うれしい瞬間は、常連のお客様に私の顔を覚えていただいたとき。まだ、新米ホテルマンですのでミスをすることも少なくないですが、同じ失敗は繰り返さないと誓い、一日一日成長していきたいと考えています。


  • 勤務先

    株式会社 ぼうしや薬局

    大学で学んだ対話力を活かし、患者さまに寄り添う服薬指導を。

    薬学部 医療薬学科 2019年 卒業
    中村晏奈さん(兵庫県出身)


    ぼうしや薬局は、姫路市を中心に27店舗を展開する保険薬局です。調剤業務はもちろん、在宅訪問や健康イベントを行うなど地域の人々の健康に貢献しています。私の主な業務は服薬指導です。

    医師の往診に同行して、管理している薬剤から患者さまの症状に合った薬を提供することもあり、医師や看護師との連携が欠かせません。また、健康イベントでは、皆さんが自身の健康に意識を向けてもらえるように啓発を行っています。仕事をして感じるのは、薬剤の知識だけでなく、患者さま、医師、看護師、同僚など人とのやりとりの大切さです。

    姫路獨協大学では、コミュニケーションの講義や実習なども充実していたので、そこで学んだことはとても役に立っています。これからの薬剤師は対人業務が重要視されます。私も人を思いやれる薬剤師であり続けたいと思います。


  • 勤務先

    西兵庫信用金庫 安富支店

    卒論での研究内容を活かし、地域経済に貢献できる仕事を。

    経済情報学部 経済情報学科 2019年 卒業
    安田あいさん(兵庫県出身)


    西兵庫信用金庫は「にししん」の愛称で親しまれている、兵庫県南西部を中心に27店舗を展開している信用金庫です。お客様の事業や豊かな暮らしのお手伝いをすることで、地域経済の持続的な発展に努めています。

    そこで私は、預金業務、為替業務を担当するとともに、最近では直接お客さまをお迎えする窓口業務にも挑戦しています。たくさんの地元の方々とつながれるのがこの仕事の魅力。お一人おひとりとFace to Faceで向き合い、「ありがとう」の言葉をいただけたときは大きな達成感を感じます。

    大学4年間では、経済学や簿記はもちろん、中小企業研究やマーケティング論など幅広く学ぶことができました。私はその中で特に興味を持った地方経済について卒論で深く研究したのですが、今こうして地域に貢献できる仕事に就くことができ、日々やりがいを感じています。


  • 勤務先

    医療法人社団光風会 長久病院

    理想の環境で学べたからこそ、理学療法士としての今があります。

    医療保健学部 理学療法学科 2019年 卒業
    松田 涼加さん(兵庫県出身)


    急性期脳神経外科をメインとする長久病院で、理学療法士として脳卒中ケアユニットや一般病床の入院患者さまへ早期リハビリテーションを担当しています。私がやりがいを感じるのは、患者さまの想いに応えることができた時。「ありがとう」の声をかけていただけるのが一番の喜びです。患者さまとの会話や他職種間でのカンファレンスに欠かせないコミュニケーション力は、大学時代の他学部や他学科との交流で磨かれました。

    また、国家試験に向けての先生方の親身なサポートや勉強に集中できる施設環境など、姫路獨協大学で理学療法士を目指して本当に良かったと思います。日々、患者さまの状態が変化する医療現場において、チーム医療の大切さを実感しています。私もその一員として、もっと自身の知識を高め、患者さまの一日も早い回復に貢献していきたいです。