重要なお知らせ

2022年07月25日

在学生の皆さんへ感染防止対策の徹底について(緊急)

危機管理対策本部


兵庫県においては、7月24日(日)に新規感染者が9,340人確認され、3日連続で9,000人を超えています。

本学では、前期定期試験8月1日(月)~8月13日(土)までとなっており、その後、夏季休暇を迎えます。

ついては、不要不急の外出を自粛し、以下に記載している兵庫県から出された学生への注意喚起の内容をよく読んで、新型コロナウイルスの感染拡大防止に努め、今後も引き続き、必ず収束させるとの強い思いで、気を緩めず、今一度「うつらない、うつさない」との自覚を持って、責任ある行動の徹底をお願いします。

なお、ワクチン接種は任意ではありますが、感染や重症化を予防する効果も確認されています。安心・安全な学生生活を送るためにも、ワクチン接種に係る正しい情報を理解し、接種の検討をお願いします。



  1. ワクチンの積極的な接種
    オミクロン株に対する感染・発症・入院予防効果は、2回目接種後、時間の経過とともに低下しますが、3回目接種により回復が可能です。若い人も感染すれば重症化や後遺症のリスクがあるため、できるだけ早期の3回目接種をお願いします。

  2. 基本的な感染防止策の徹底
    定期的な室内換気、こまめな手洗いや手指消毒、三密(密閉・密集・密接)の回避、適切なマスクの着用など、引き続き基本的な感染防止策の徹底をお願いします。特に集団生活、スポーツの休憩や食事などは、マスクなしの会話はやめましょう
    また、発熱だけでなく、咳、のどの痛みなど、少しでも体調に異変がある場合は、家族を含めて通勤・通学等を控え、医療機関に電話のうえ受診してください。

  3. 感染防止策を実施したうえでの帰省やお祭り・レジャー等への参加
    帰省やお祭り・レジャー等の際は、感染防止策の徹底とともに、積極的なワクチン接種や検査の活用をお願いします。
    暑い時期のマスク着用は、熱中症のリスクがあるため、可能な場合(屋外で2m以上の距離が確保でき、会話をしない場合)には、マスクを外すなど、熱中症対策にも努めてください。

以上