村重 諒

  • 村重 諒
    [むらしげ りょう]

    • 学部

    • 薬学部医療薬学科:天然物化学研究室 助教

    • 連絡先

    • 部屋番号: Y602

専門分野

  • 有機合成化学

担当科目

  • 実感する化学
  • 医薬品製造学
  • 科学英語の書き方
  • 基礎実験
  • 有機化学実習

オフィスアワー

  • 火曜日5限
  • 木曜日5限

学歴

  • 2011年
  • 国立大学法人岩手大学大学院農学部連合農学研究科博士課程 修了
  • 2008年
  • 国立大学法人帯広畜産大学大学院畜産学研究科修士課程 修了
  • 2006年
  • 国立大学法人帯広畜産大学畜産科学科 卒業

学位

  • 博士(農学)

所属学会

  • 日本薬学会
  • 有機合成化学協会
  • 日本化学会

論文・解説

  • R.Murashige, Y. Ohtsuka, K. Sagisawa, M. Shiraishi
    Versatile synthesis of 3,4-dihydroisoquinolin-1(2H)-one derivatives via intra-molecular Friedel–Crafts
    reaction with trifluoromethanesulfonic acid.
    Tetrahedron Lett., 2015, 56, 3410-3412.
  • T. Nakamura, Y. Ishida, K. Ainai, S. Nakamura, S. Shirata, K. Murayama, S. Kurimoto, K. Saigo, R. Murashige,
    S. Tsuda, Y. F. Sasaki
    Genotoxicity-suppressing effect of aqueous extract of Connarus ruber cortex on cigarette smoke-induced
    micronuclei in mouse peripheral erythrocytes
    Genes and Environment, 2015, 37:17
  • R. Murashige, Y. Hayashi, S. Ohmori, A. Torii, Y. Aizu, Y. Muto, Y. Murai, Y. Oda, M. Hashimoto
    Comparisons of O-acylation and Friedel-Crafts acylation of phenols and acyl chlorides and Fries-rearrangement of phenyl esters in trifluoromethanesulfonic acid: Effective synethesis of optically active homotyrosines.
    Tetrahedron, 2011, 67(3), 641-649.
  • R. Murashige, Y. Murai, Y. Hatanaka, M. Hashimoto
    Effective synthesis of optically active trifluoromethyldiazirinyl Homophenylalanine and Aroylalanine derivatives with the Friedel-Crafts reaction in triflic acid.
    Bioscience, Biotechnology and Biochemistry, 2009, 73(6), 1377-1380.
  • R. Murashige, Y. Hayashi, M. Hashimoto
    Asymmetric and efficient synthesis of homophenylalanine derivatives via Friedel-Crafts reaction with trifluoromethanesulfonic acid.
    Tetrahedron Letters, 2008, 49(46), 6566-6568.

競争的資金

  • 平成28年度姫路獨協大学特別研究助成(代表):連続型Friedel-Crafts反応を利用した新規多環性アルカロイドの合成研究
  • 平成27年度 姫路獨協大学特別研究助成(代表):連続型Friedel-Crafts反応を利用した新規多環性アルカロイドの合成研究
  • 平成25年 姫路市産学共同研究助成(代表):新品種食用菊「上大野」の安定栽培法の確立と特性の探求