西中 華子

  • 西中 華子
    [にしなか はなこ]

    • 学類

    • 産業経営学類:講師

    • 連絡先

    • 079-223-2211 (代)

専門分野

  • 発達心理学
  • 教育心理学
  • 学校心理学

メッセージ

  • 大学生という時期は,自分自身について最も考えることができる,悩み多く,一方で楽しい大切な時期です。学習はもちろん大切ですが,キャリアや対人関係についても,たくさん考える機会を持っていただけたらと思います。

学歴

  • 神戸大学大学院 人間発達環境学研究科 博士課程後期課程 修了 (2017)
  • 兵庫教育大学大学院 学校教育研究科 修士課程 修了 (2010)
  • 大阪教育大学 教育学部 卒業 (2008)

学位

  • 博士 (学術)

免許・資格

  • 小学校教諭一種普通免許状
  • 中学校教諭一種普通免許状 (音楽)
  • 高等学校一種普通免許状 (音楽)

主な職歴

  • 2020-
  • 姫路獨協大学 人間社会学群 産業経営学類 専任講師
  • 2019-2020
  • 国立大学法人 奈良女子大学 非常勤講師
  • 2015-
  • 公立大学法人 大阪府立大学 非常勤講師

所属学会

  • 日本発達心理学会
  • 日本教育心理学会
  • 日本青年心理学会
  • 日本学校心理学会

論文・解説

  • 「児童期・青年期の居場所の分類とその機能の検討―居場所感の要素による居場所の分類―」(神戸大学発達科学部心理発達論コース『発達・臨床心理学研究』16,2017)
  • 「中学生の居場所欠乏感と友人関係のあり方との関連」(鳥取大学教育支援機構教育センター『鳥取大学育研究論集』6,2017)
  • 「心理学的観点および学校教育的観点から検討した小学生の居場所感:小学生の居場所感の構造と学年差および性差の検討」(日本発達心理学会『発達心理学研究』25,2014)
  • 「児童期・青年期における居場所感に関する一考察-適応感の視点から-」(神戸大学大学院人間発達環境学研究科『神戸大学大学院人間発達環境学研究科研究紀要』8,2014)
  • 「居場所づくりの現状と課題」(神戸大学発達科学部心理発達論コース『発達・臨床心理学研究』13,2014)
  • 「描画を用いた小学生の居場所における環境要因の検討-場所・人・ときの3次元からの分析-」(神戸大学発達科学部心理発達論コース『発達・臨床心理学研究』10,2011)

口頭発表・ポスター

  • 「児童期・青年期の居場所の特質と心理的適応への影響(招待)」(第12回健康教育フォーラム研究会,於:ホテルアウィーナ大阪 2019)
  • 「心理的適応の高低によって居場所のとらえ方は異なるのかー抑うつのレベルごとの検討―」(日本教育心理学会第58回総会,於:サンポートホール高松・かがわ国際会議場(香川県) 2016)
  • 「児童期から青年期にかけての適応と関連する居場所の変容」(日本発達心理学会第26回大会,於:東京大学本郷キャンパス(東京都) 2015)
  • 「小学生の適応を高める要因の検討-居場所感の観点から-」(日本教育心理学会第56回総会,於:神戸国際会議場(兵庫県) 2014)
  • 「中学生の心理的適応に関連する『居場所感』」(日本教育心理学会第54回総会,於:琉球大学千原キャンパス(沖縄県) 2012)
  • 「中学生にとって『居場所がある』ということは何を示すのか」(日本教育心理学会第54回総会,於:琉球大学千原キャンパス(沖縄県) 2012)
  • 「居場所欠乏感に関連する大学生の悩みと友人関係」(日本青年心理学会第20回大会,於:武庫川女子大学中央キャンパス(兵庫県) 2012)
  • 「大学生における居場所欠乏感に関する研究」(日本青年心理学会第20回大会,於:武庫川女子大学中央キャンパス(兵庫県) 2012)
  • 「子どもの心理的居場所感促進に関する研究-描画を用いた介入プログラム実践の試み-」(日本発達心理学会第23回大会,於:名古屋国際会議場(愛知県) 2012)
  • 「居場所における対人関係と心理的居場所感との関連」(日本青年心理学会第19回大会,於:文京学院大学本郷キャンパス(東京都) 2011)
  • 「居場所における環境要因のモデル検討に関する研究-居場所イメージ描画の検討を通して-」(日本心理臨床学会第30回秋季大会,於:福岡国際会議場(福岡県) 2011)
  • 「描画を用いた小学生の居場所における環境要因の検討-場所・人・ときの3次元からの分析-」(日本発達心理学会第22回大会,於東京学芸大学(東京都) 2011)
  • 「GIMを用いた授業実践による子どもの変化-心理的居場所イメージの描画分析を通して-」(日本音楽教育実践学会第14回全国大会,於:オリンピック記念青少年総合センター(東京都) 2009)
  • 「心理教育的援助サービスとしての音楽授業の方法論開発の視点」(日本音楽教育実践学会第13回全国大会,於:オリンピック記念青少年総合センター(東京都) 2008)

競争的資金

  • 日本学術振興科学研究費(若手)「母子の身体接触場面で子どもが母親へ及ぼす影響と有効な行動レパートリーの実証的検討」2018年~2019年 研究代表者

社会貢献活動

  • 2018年 大阪市立緑中学校 教員・保護者研修
  • 2019年 大阪府立大学 オープンカレッジ(知的障碍者向け講座)