入試情報

Admissions Information

公募推薦入試とは

公募推薦入試とは、出願資格を満たした者に対し、学力試験・小論文・調査書などを課して合否を判定する入試方法です。

募集学群・学部・学科

+を押すと学群・学部・学科の
アドミッション・ポリシーが表示されます

前期 後期
基礎学力試験型 小論文型

人間社会学群

人間社会学群は、多様化し境界横断化する現代社会を見据え、人文・社会・自然科学に関する幅広い教養を身に付けるとともに、それぞれが外国語、法律、経済情報に関係する専門分野を深く修めることによって、人間社会の諸問題に正対できる人材を育成する。このような基本方針のもと、2年次より所属する3つの学類はそれぞれのアドミッション・ポリシーに記載しているような人を求めている。

医療保健学部

理学療法学科

  • 獨協学園の教育理念を理解し、保健医療福祉の問題に関心を持ち、理学療法学科で学んだ知識や技術を活用して地域社会に貢献したいという意欲を有する人
  • 高等学校等での幅広い教科科目の学びによって、読解力、表現力などの国語力および理数系科目の基礎知識を有する人
  • 学生生活や課外活動などを通じたさまざまな経験から社会の多様性を認識し、他者を尊重し連携して目標を達成する意欲を有する人

作業療法学科

  • 保健・医療・福祉に関心をもち、地域社会に貢献したいと思う強い意志を有する人
  • 生活機能を科学的思考で捉え、作業療法の知識や技術の専門的知識の習得に積極的に取り組む人
  • 人に興味をもち、多様な価値観を尊重し受け入れられる、協調性を持った柔軟な思考力をもつ人

言語聴覚療法学科

  • 協調性があり、他人に対する思いやりがある人
  • 幅広い知的好奇心を持つ人
  • 専門職としての知識と技術の修得を志し、その修得に努力ができる人

臨床工学科

  • 臨床工学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  • 患者様中心の医療を担える思いやりのある人
  • 医療者を目指す自覚とチーム医療で必須となる協調性のある人
  • 何事にも好奇心ならびに探究心旺盛で積極的に医学・工学の発展に寄与する意志がある人

薬学部

「大学は学問を通じての人間形成の場である」という獨協学園の教育理念を基に、教育目標、ディプロマ・ポリシーおよびカリキュラム・ポリシーのもと、医療を担う者としての高い倫理観、薬剤師として必要な高度な知識と技術を学ぶ強い意志と協働性をもった、次のような人を求める。

  • 薬学を学ぶために必要な基礎学力を有している人
  • 何事にも積極的に取り組む学習意欲が旺盛な人
  • 薬学における最新の知識・技術を修得し、薬剤師として社会貢献することを目指す人
  • 良き医療人になるために必要な思いやりと協調性、およびコミュニケーション力を身につける努力のできる人

看護学部

看護学部では、地域社会の多様なニーズに対応できる質の高い看護職者を育成することによって、保健医療福祉の向上に寄与することを目指しています。「看護学」を学ぶことに意欲のある人材を求めています。

  • 生命の尊厳や多様な価値観を受け入れることができる人
  • 他者への思いやりと優しさをもって人とかかわることができる人
  • 看護学の理論と技術を深めるために主体的に、かつ積極的に学ぶ姿勢を持つ人
  • 将来、看護職者として保健医療福祉チームの一員となることを自覚し、社会性や協調性を兼ね備えている人

募集学群・学部・学科(募集人員)

募集人員
人間社会学群 55名
医療保健学部
理学療法学科 15名
作業療法学科 15名
言語聴覚療法学科 8名
臨床工学科 15名
薬学部 25名
看護学部 35名

出願資格

前期(基礎学力試験型)・後期

次の条件を満たす者

  • 学業成績、人物ともに優れ学校長が推鷹する者
  • 以下のいずれかを満たす者
    • (1)高等学校または中等教育学校を卒業した者および2021年3月に卒業見込みの者
    • (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2021年3月に修了見込みの者
    • (3)学校教育法施行規則第150条第2号、第3号及び第7号の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2021年3月31日までにこれに該当する見込みの者

小論文型

次の条件を満たす者

  • 高等学校等の全体の学習成績の状況が3.0以上(臨床工学科は3.3以上)で学業成績、人物ともに優れ学校長が推薦する者
  • 以下のいずれかを満たす者
    • (1)高等学校または中等教育学校を卒業した者および2021年3月に卒業見込みの者
    • (2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者および2021年3月に修了見込みの者
    • (3)学校教育法施行規則第150条第2号、第3号及び第7号の規定により、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および2021年3月31日までにこれに該当する見込みの者

スケジュール

前期 後期
基礎学力試験型 小論文型
出願期間[ 締切日必着 ]
※最終日のみ窓口出願可
(ネット出願)受付
10/19~11/4 10/19~11/4 11/16~12/3
試験日 11/14 11/14 12/12
合格発表日 11/24 11/24 12/21
入学手続期間1 11/25~12/7 11/25~12/7 12/22~1/8
入学手続期間2 11/25~1/29 11/25~1/29 12/22~1/29
試験地 本学
大阪
神戸
岡山
高松
本学 本学
大阪
岡山
栃木

優遇制度

【資格・課外活動等評価の待遇制度】※人間社会学群のみ対象

  • 1. 資格・検定の取得、課外活動等の成果及び生徒会活動などを評価し、得点化します。
     評価された得点は、基礎学力試験と調査書の合計点が、合格最低点に達しない場合に加点します。
  • 2.評価対象は、資格評価、課外活動評価及び生徒会活動評価の内、それぞれの分野の高得点の評点2つを
     合算し利用します。合算方法は、2つの評点の内、同数または得点の低い評点を1/2に換算し合算します。
評価対象分野 内容 評点
資格評価 実用英語技能検定準2級以上
IELTS 4.0以上
TOEIC L&R 450点以上
TOEIC(iBT) 40点以上
GTEC CBT 550点以上
ITパスポート試験
日本漢字能力検定2級以上
実用数学技能検定準2級以上
日商簿記検定3級以上
全商簿記実務検定2級以上
10
実用英語技能検定2級以上
IELTS 5.0以上
TOEIC L&R 550点以上
TOEIC(iBT) 45点以上
GTEC CBT 880点以上
中国語検定4級以上
韓国語能力試験1級以上
ハングル能力検定4級以上
20
課外活動等評価 課外活動等で上位成績を収めた者 全国大会ベスト8以上の成績を収めた者 25
全国大会に参加およびそれに準ずる技能を有する者 20
都道府県大会ベスト8以上の成績を収めた者およびそれに準ずる技能を有する者 15
高等学校公認の課外活動を2年以上継続した者 10
生徒会活動評価 生徒会執行部役員(会長・副会長)を務めた者 15
上記以外の生徒会役員を務めた者 10

試験科目・時間

詳細な試験科目・時間は、2021年度学生募集要項でご確認ください。

前期(基礎学力試験型)・後期

学群・学部・学科 基礎学力テスト教科・科目(●必須、△選択) 試験時間 配点 合計点
人間社会学群 △英語 「コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II・英語表現 I」 2科目選択 2科目90分 100点×2科目 300点
△国語 「国語総合」(古文・漢文除く)
△数学 「数学 I・数学 A」
調査書 全体の学習成績の状況を20倍 100点
医療保健学部
  • 理学療法学科
△英語 「コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II・英語表現 I」 2科目選択 2科目90分 100点×2科目 250点
△国語 「国語総合」(古文・漢文除く)
△数学 「数学 I・数学A」
△理科 「化学基礎」「生物基礎」から1科目選択
調査書 全体の学習成績の状況を5倍(25点)・理科の学習成績の状況を5倍(25点) 50点
医療保健学部
  • 作業療法学科
△英語 「コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II・英語表現 I」 2科目選択 2科目90分 100点×2科目 250点
△国語 「国語総合」(古文・漢文除く)
△数学 「数学 I・数学A」
△理科 「化学基礎」「生物基礎」から1科目選択
調査書 全体の学習成績の状況を10倍 50点
医療保健学部
・言語聴覚療法学科
・臨床工学科
△英語 「コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II・英語表現 I」 2科目選択 2科目90分 100点×2科目 300点
△国語 「国語総合」(古文・漢文除く)
△数学 「数学 I・数学A」
△理科 「化学基礎」「生物基礎」から1科目選択
調査書 全体の学習成績の状況を20倍 100点
薬学部 △英語 「コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II・英語表現 I」 1科目選択 2科目90分 100点×1科目 325点
△国語 「国語総合」(古文・漢文除く)
△数学 「数学 I・数学A」
●理科 「化学基礎・化学」 200点
調査書 全体の学習成績の状況を5倍 25点
看護学部 ●英語 「コミュニケーション英語 I・コミュニケーション英語 II・英語表現 I」 2科目90分 100点×2科目 325点
△国語 「国語総合」(古文・漢文除く) 1科目選択
△数学 「数学 I・数学A」
△理科 「化学基礎」「生物基礎」から1科目選択※2
●小論文(基礎学力問題を含む。) 60分 100点
調査書 全体の学習成績の状況を5倍※1 25点

特待生選考は、2教科2科目の合計点で判定を行います。
※1. 高等学校卒業後、一定期間を経た者のうち、高等学校から調査書が発行されない場合は、志望学群・学部・学科の志願者の「調査書の全体の学習成績の状況」(小数点第2位を四捨五入)の平均を「全体の学習成績の状況」とします。
※2. 試験教科の理科のうち基礎を付した科目は、教科書に記載されている「発展」の内容まで出題範囲に含みます。

前期(小論文型)

学群・学部・学科 受験科目(●必須) 試験時間 配点 合計点
人間社会学群 ●小論文 60分 100点 200点
医療保健学部
・臨床工学科
●面接 約20分 50点
調査書 全体の学習成績の状況を10倍 50点

※ 高等学校卒業後、一定期間を経た者のうち、高等学校 から調査書が発行されない場合は、出願できません。小論文型以外の入試では出願できます。

各資料ダウンロード