地域連携

公開講座

姫路獨協大学では、地域に開かれた大学、地域とともに歩む大学として、市民の皆様に各種講座を開講しています。

獨協講座(平成30年度 通年・春・夏・キッズ講座) 
image

姫路獨協大学は、昨年度、地域の皆様のご支援のもと、お陰様で、創立30周年を迎えることができました。

人間社会学群、医療保健学部、薬学部、看護学部を擁する文理総合大学へと成長し、「獨協講座」も地域の皆様の学びの場として、一層パワーアップし、「外国語講座」をはじめ、「教養・文学」「文化・歴史」「健康」「キッズ講座」など幅広いジャンルの講座を取揃え、皆さまのご参加を心よりお待ちいたしております。


詳細はこちら
平成30年度 はりま歴史講座 『明治維新の勝者と敗者:西郷隆盛と大鳥圭介の時代』

西郷隆盛と大鳥圭介。二人は幕末から明治にかけて、対照的な生涯を送りました。 西郷は明治維新を成し遂げた最大の功労者です。木戸孝允、大久保利通と並ぶ維新の三傑と讃えられています。一方、大鳥は幕府の歩兵奉行として最後まで官軍と戦い、箱館の五稜郭で力尽き降伏、投獄されました。

しかし、その後の二人の人生は逆転します。西郷は西南戦争に敗れ、逆賊として悲惨な最期を遂げました。それに対して、釈放後の大鳥は、学問を武器に明治政府に仕え、外交官として、技術官僚として、また教育者として、その才能を十二分に発揮し、79歳の生涯を終えました。 明治維新の勝者と敗者。この二人の明暗は、一体何を意味するのでしょうか。彼らは近代日本の形成に、それぞれどのような形で貢献したのでしょうか。 播磨出身の大鳥圭介を軸に、西郷をはじめとする当時の人物や政治状況に触れながら、考えてみたいと思います。


イオンタウン姫路「まちコミ教室」姫路獨協大学「出張講座」
image

地域への知の還元および地域貢献の一環として、イオンタウン姫路ショッピングセンター内のまちコミホールにおいて、市民向けの無料講座を開催しています。



前年度開催はこちら


播磨会とは

播磨会とは

姫路獨協大学播磨会は姫路獨協大学において実施している教育研究のうち、地域社会と関連のある事業の振興を図り、地域および大学の発展に寄与することを目的としています。姫路獨協大学と連携をとりながら各種講演会、講座等の活動を行っています。

詳細はこちら

ページの先頭へ