学部・大学院

外国語学科

就職・進学状況

取得を目指す資格

高等学校教諭一種免許状(英語・国語)/中学校教諭一種免許状(英語・国語)/小学校教諭一種免許状(通信併修)/学校図書館司書教諭/博物館学芸員/社会教育主事

卒業生からのメッセージ

images

勤務先 : ワイ・ジェー・エス株式会社
岩本 昌樹 さん
(播磨南高校出身)
外国語学科 2016年3月卒業
※2015年度取材

留学で身につけた忍耐力やコミュニケーション力が、就職活動に役立ちました。

3年次の3月から翌年1月まで中国・広州の広東工業大学へ10ヶ月交換留学に行きました。
留学生用の中国語だけを勉強するコースと文化を学ぶ授業を履修しました。いろんな国の人と交流でき、また、留学生寮と学生食堂と中国人学生寮とが隣り合わせなので、中国人学生とも一緒に食事をしたりできました。兵庫県から留学奨学金をもらえたので、経済的にも困らず有り難かったです。
帰国後、HSK(中国政府公認の中国語検定)の5級(下から1~6級)に合格しました。就職活動では、中国語というツールが使えることと、海外生活経験が有ること、忍耐力やコミュニケーション力が留学で伸ばせたことが、役に立ちました。中国に支社や支店のある会社から内定を頂き、最終的には、熱交換器や給湯器などのメーカーに決めました。中国支社に行くかもしれません。


images

勤務先 : P&Gマックスファクター合同会社
胡錦霞(コ・キンカ) さん
(中国江蘇省丹陽市第五中学出身)
外国語学科 2016年3月卒業
※2015年度取材

自己アピールは誠実さが大切

1~2年次の間は、1学期に登録できる上限の24単位を全部埋めて、週に5日学校へ行きました。3年次にはほぼゼミだけを残すくらいでした。3年次の3月から、行きたい会社、したい仕事を絞って、就活を始めました。 『マイナビ』で「美容部員(ビューティーカウンセラー)」で検索し、たくさんの企業の中から働きたい企業を選んでエントリー(名前、大学名、電話番号、住所、アドレス)し、会社からメールを受け取って、説明会に行き、会社独自の履歴書のような書類に自分の履歴を記入・提出し、筆記試験(数学や、パズルのような難しくはないがややこしい問題など)を2回受け、集団面接でグループディスカッションと個人インタビューを受け、最後に個人面接が30分~1時間ほどありました。
就活には、会社分析がとても重要だと思います。企業の歴史や、どういう人材を求めているかを分析して、自分に合うかどうかを考慮して、それに合わせて自己アピールをした方がいいと思います。
面接などでは、話し方に気をつけ、常に笑顔でのぞみ、自己アピールよりは誠実さが大事で、小さな作り話でも、絶対にダメだと思います。私が就職が決まった企業の場合は、日本で働く日本人の募集で、ただし外国人も可というものでした。採用された外国人は数人だけで、大変ラッキーだったと思います。日本語力は、N1は持っているかと聞かれたのみでした。コミュニケーション力や誠実さが大切で、わからないことはわからないと素直に言うことが大事だと思います。 これから就職活動をされる皆さん、頑張って下さい。応援しています。


images

勤務先 : ニッポンレンタカー関西株式会社
伊原 圭悟 さん
(神戸市立科学技術高校出身)
外国語学科 2016年3月卒業
※2015年度取材

シンガポールやスペインでの研修が自信につながりました

僕は、英語とスペイン語を学びました。1年次にはシンガポールで英語の研修を受け、2年次にはスペインで研修を受けました。2年次の研修は4週間あり、大変勉強になりました。また、現地で生活できたことは自信につながりました。その後、長期で留学したいと思い、短期研修で行ったバレンシア市内にある、International house(語学学校)で2ヶ月半、セビリアという少し違う方言が使われている地域も体験したく思い、その地方のInternational house(語学学校)で2ヶ月半スペイン語を学びました。その間、暮らす場所は、寮や一人暮らしも選べましたが、僕はホームステイを選びました。一緒に暮らすことによって文化や習慣が学べ、いろいろな所に連れて行ってもらったりもして、良い選択だったと思います。街で肩がぶつかって謝ってもしっしっ(さっさと消えろ)とされるようなアジア人差別も経験したり、食事をフォークとナイフだけでこなすのが大変だったり、小さな苦労も体験しましたが、今では、そういうこともある、と余裕を持てるようになりました。残りの20日間は、アンダルシア地方やバルセロナを一人で旅行しました。
就職は、スペイン語が使える所か、あるいは、留学でお世話になったので留学斡旋会社などに就職したかったのですが、待遇面などが希望と合わず、ご縁が有りませんでした。最終的には、「関西空港での仕事」で探した結果、日本レンタカーの関空支店に決まりました。中国や韓国からの利用者が多いので、それらの語学の勉強もしようと思います。コミュニケーションがもともと好きで、接客業に向いていると思うので、頑張りたいと思います。


images

勤務先 : 日ノ丸自動車株式会社 鳥取空港営業所
佐々木 香穂 さん
(鳥取県立八頭高校出身)
外国語学科 2016年3月卒業
※2015年度取材

3年次から外国語学部へ転入
ネイティブの先生の授業を楽しみながら英語を伸し、航空会社のグランドスタッフに!

2年次まで医療保健学部の作業療法学科で学び、3年次から外国語学部へ転入しました。もともと英語を話すのも勉強するのも大好きで、留学もしたいと思っていましたし、視野を広げてみようと思って転入しました。
しかし、必修の単位を修得するために3、4年次とも授業をたくさん履修しないといけないため、就職活動と両立させるのは本当に大変でした。なじめるかどうかも心配でしたが、良い人ばかりで、すごく楽しかったです。
勉強も、コミュニカティブ・イングリッシュなど必修科目も、ネイティブの先生が楽しく授業を作ってくれて、授業を楽しみながら英語を伸ばすことができたし、自然と英語が身についていました。
TOEICは200点くらい伸ばすことができて凄く嬉しいです。就職も、これまでに積み上げてきた自分の英語スキルを活かした仕事に就きたいと思い、ホテル業を中心に就職活動していて、内定をいただきましたが、最終的には私の地元である鳥取で地域に貢献したいと思い、航空会社のグランドスタッフとして勤めることになりました。転学部をして頑張った甲斐があったと思います。


images

勤務先 : ヴィクトリア州政府日本語教育アシスタント
佐々木 真由子 さん
(兵庫県立伊川谷北高校出身)
外国語学科 2016年3月卒業
※2015年度取材

興味のあることを利用して韓国語を修得!

大学入学前からK-POPや韓国映画をよく見ていて、韓国人の考え方や生活に興味を持っていたので、韓国語が勉強できる姫路獨協大学に来ました。韓国人と初めて友達になったのが大学1年のとき(本学の交換留学生)で、韓国に対してもっと興味を持つようになりました。もともと留学はしたいと思っていたのですが、その友達の居る大学に行こうと思って国民大学に留学を決意しました。1,2年次の勉強方法などをよく聞かれるのですが、興味のあることを利用して勉強するのが一番いいと思います。私は、好きなアイドルのツイッターや歌詞を読むことと、授業とを合わせて、だんだんわかるようになっていき、3年次に留学して、書いたり読んだりしていたことが現地で通じることにまずびっくりしました。初めはなかなか韓国語を口に出すことができなかったのですが、1学期は日本人にありがちな、間違えるのが怖くてなかなか口に出せない状態でしたが、通じることに感動して、2学期からは友達を作るようにして間違えるのも怖くないと思えるようにり、だんだん話せるようになって会話の方は後期から伸びました。
1学期と2学期を通して授業はたくさんとっていたので、聞く力は、授業や生活を通して伸びました。1学期は語学授業と日本語授業、2学期は語学と日韓を比較する授業を履修し、友達を作るためと、日本語教育法を学ぶために日本語講義を聴講し、友達をたくさん作りました。
授業中にTOPIK(韓国政府公認の韓国語能力試験)の作文問題対策もしてもらえたので、TOPIKの勉強も頑張り、留学期間の最後には5級(下から1~6級)に合格し、帰国してすぐ6級に合格しました。
ベトナムで日本語を教えている先輩や、オーストラリアで日本語教育アシスタントをしている先輩が帰国されていて、3人で話す機会があったのでオーストラリアに行こうかな、ベトナムもいいな、と思いました。韓国語と日本語ができる人はいっぱいいますし、次は英語を勉強しよう、と思いました。決めてから、岡山の日本語学校へ、週1日50分×4コマの非常勤で、半年間日本語教師をしました。対象は、中国人、ベトナム人、フィリピン人、メキシコ人などでした。教える準備が大変で、毎週徹夜でした。オーストラリアで10ヶ月間日本語教師アシスタントをすることになりましたが、その後は、日本語教員だけでなく、英語と韓国語を使って何かしたいなと思っています。


images

勤務先 : キンキテレコム株式会社
梅岡 千翔 さん
(県立龍野北高校出身)
外国語学科 2016年3月卒業
※2015年度取材

海外経験を多く積み、語学を学んできたことが就職活動に役立ちました。

姫路獨協大学には、留学がしたくて入学しました。高校の時から英語が好きで、大学で留学して英語力をつけたいという目標がありました。大学4年間で、研修はシンガポールでの異文化理解研修と、ニュージーランドで海外短期語学研修、タイ王国で企業訪問等を行うタイ海外研修に参加し、プライベートでは、アメリカ、韓国、台湾、グアムへ友人などと一緒に行き、良い経験が積めました。どこへ行っても、いざというときは英語でした。
今後、海外旅行をする時にも、或いは日本へ旅行に来た外国の人に対しても、姫獨で身につけた英語力やコミュニケーション力で、どんどん話をしてつながっていけると思います。
4年間、研修や旅行で楽しく安全に過ごせたのは友達がいてくれたからでもありますし、英語やスペイン語の勉強を頑張れたのは、周りに、自分以上に勉強を頑張っている友達が大勢いたおかげなので、良いプレッシャーを与えてもらえて感謝しています。
これからもこれを原動力にして頑張りたいです。就職活動の面接時にも、携帯電話の外国人利用者が増えて、説明や契約にも英語が必要だと言われ、TOEIC力、海外経験を積んできたこと、語学を学んできたことが役に立ちました。


images

勤務先 : ヴィクトリア州政府日本語教育アシスタント
釘宮 華陽 さん
(大阪府立高槻北高校出身)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

文武両道の学生時代!

私の学生生活はサッカーがメインみたいになっていましたが、4年間の学生生活を通して、日本語教師養成プログラムの取得や、中高国語教員免許、図書館司書教諭免許といった教職関係の免許も取得することができました。そして最後に古典文学の卒論も書き終えることができました。本当に毎日サッカー、勉強、アルバイトの生活でした。
学生時代で1番嬉しかった事は、サッカー部で最高の仲間に出会え、4年間サッカーを続けられたことです。
卒論はゼミで古典文学の研究をしていたこともあり、和歌を題材に書きました。4月からは、オーストラリアで日本語教師のアシスタントをします。現地ではサッカーチームを探してサッカーも続ける予定です。メルボルンでの生活の様子など、毎月レポートを送ります。


images

進学先 : 大阪大学大学院(言語文化研究科日本語・日本文化専攻)
山根 義貴 さん
(高校卒業程度認定試験)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

まずは修士論文をしっかり書くのが目標です。

高校卒業後、ブラジルで日本語教師をしている時に、知識不足を感じて日本で大学に通おうと思い、日本語教育をしっかり学べる大学を探した所、ちょうど実家から通学圏内に姫路獨協大学があったので、決めました。
まずは日本語教育をきちんと学ぶのが目的でしたが、併せて、国語と英語の中学・高校の教員免許と、学校図書館司書教諭の免許も取りました。朝一番から夜遅くまでと、両立は大変でしたが、充実した4年間でした。また、国際交流クラブに所属し、在日ベトナム人を対象とした日本語教育ボランティアを4年間休まず続けられたことも良かったです。
入学してから、先輩達から、海外で日本語を教えるなら学士だけでは不充分と教えてもらい、1年次後期あたりから、大学院への進学を考えました。クラブの顧問でもあり指導教授でもある山崎恵先生から、先を見据えた配慮をして頂けてよかったです。
卒論のテーマは、「日伯文化連盟」という日本語学校における日本語学習者の動機についてでしたが、今後は対象校をさらに広げて修士論文にまとめていくつもりです。


images

勤務先 : アイドゥー(株)
佐伯 昌則 さん
(兵庫県立姫路工業高校出身)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

大学での学びと留学経験を生かせる会社と出会えました。

高校時代はバレーボールしかしていませんでしたが、将来は海外に行きたいという思いがあり、ちょうど実家から通える姫路獨協大学にバレー部と外国語学部がそろっていたので、決めました。英語を中心に学ぶつもりでしたが、もう一つの外国語が必修だったのでドイツ語を選択しました。英語は、ネイティブの先生の授業で話せる自信がつき、シンガポールでの異文化理解研修でも手応えを感じたので、次はドイツ語を固めようと、海外短期語学研修を履修してゲーテ・インスティトゥートで4週間学びましたが、力不足を感じ、4年次に半年間ライプツィヒ大学へ留学して勉強しました。帰国してからの就職活動は、初めはコンサルタントや人材系を探しましたが、留学や外国語学部での学びを生かして、英語教育や留学支援にしぼって探し、児童英会話・ホームステイ企画運営・教材開発をしている会社と出会い、ご縁がつながりました。就職活動は、他大学の友人などにも話を聞きながら行い、インターネットの就活サイトを使って合同説明会に行って会社を探しました。企業選びに時間をかけるより、分野を限定して探し、入社してから自分自身がどれだけ適応できるかにかかっているのでは、と思います。


images

進学先 : 姫路獨協大学大学院
霍 煜(カク・イク) さん
(明徳義塾高校出身)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

親切な先生方と、たくさんの日本の友達に囲まれて、幸せな4年間でした。

4年間の大学生活は大変楽しかったです。日本の友達もたくさんできました。最初に来たときは、日本語ができなくて生活習慣などもわからなくて色々な問題があって困りましたが、先生方が日本語だけでなく暮らし方についても親切に教えてくださいました。感謝の気持ちでいっぱいです。大学院では日本と中国の文化の違いが勉強したいです。大学で一番思い出に残っていることは、なんと言っても、4年間で友達がたくさんできたことです。勉強面では、芥川龍之介をたくさん読んで大変興味深かったことや、日本と中国のお箸の違いについてレポートを書いたことが印象深いです。中国のお箸は先端が丸いですが、日本のお箸は先端が細く、魚を食べるのに適している、などです。将来は、中国で日本語教師をしたいと思っています。


images

勤務先 : ホテルクラウンヒルズ姫路
侯 秀麗 (コウ・シュウレイ) さん
(クラーク国際専門学校出身)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

ご推薦を頂いて決まった職場で、迷惑をかけないように頑張っています。

いろんな先生や友達と交流できて、本当に楽しい4年間でした。
学業も、広くかつ深い知識を吸収できて、とても満足しています。
就職も、先生からご推薦を頂いて決まりました。
今は研修中ですが、人間関係もとても良く、先輩がいろいろ教えてくださるので、大変楽しいです。ただ、日本語力がまだまだ不足していることが、一番辛いです。迷惑をかけないように、頑張っています。


images

勤務先 : (株)キシモト
田中 明 さん
(兵庫県立龍野北高校出身)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

夢だったブライダルの仕事と、趣味の写真も活かせる職業に就くことができました。  

写真が趣味で、フォトアーティストクラブで1年次から活動してきました。日本語教師という職業にも関心があるので、日本語教員養成プログラムも履修しました。授業で一番面白かったのは、3年次に履修したドラマプロダクションで、The Nightmare Before Christmasの英語劇でした。
就職活動は、履歴書等を3年次10月から準備し、内定を5月半ばに頂きました。筆記試験と面接が3次まで、最後が社長面接でした。ブライダル系の仕事に就きたかったのですが、ウェディングとキッズが専門の写真店の結婚部門に就職でき、カメラ・美容・着付けが全部できるので、一石三鳥になりました。大学入学前から希望していたブライダルにこだわって諦めなかったのが結果に繋がったと思います。


images

勤務先 : ハヤカワ電線工業(株)
伊藤 康弘 さん
(鳥取県立境高校出身)
外国語学科 2015年3月卒業
※2014年度取材

日本語を50%、英語を50%使用している企業で自分を試します。

内定は、6月初旬に頂きました。業務上、日本語を50%、英語を50%使用しているそうです。中国とは日本語でやりとりし、東南アジアやアメリカとの取引には、英語でやりとりしているそうです。英語を使用する会社であることを知ったのは、学内企業セミナーでです。会社訪問の際にもお話しを聞いて、海外進出していて海外出張もあり、また海外転勤もある会社なので、そこを目指して日々頑張っていきたいと思います。他にも、学内の内定者報告会を通して、本学の学生やOB、兵庫県立大学の学生、一般社会人が月1回集まって、商工会議所やイーグレ姫路で勉強会をしていることを知り、テーマに沿って討論したり、チームごとに発表したり、食事会で意見交換をしたりするのに参加させて頂き、大変勉強になりました。


images

進学先:神戸大学大学院(国際文化学研究科文化相関専攻)
小村 志保美 さん
(愛知産業短期大学 2012年3月卒業)
外国語学科 2014年3月卒業
※2015年度取材

姫路獨協大学やJIP (日本語教員インターンシッププログラム)で得た知識と経験が役立っています

姫路獨協大学との出会いは科目等履修生として学び始めたことでした。そして、社会人学生が居心地よく過ごせるキャンパスだと思ったことと短期大学を卒業したことを機に、日本語教師の資格を得るために姫路獨協大学への入学を決意しました。しかし、私は3年次編入だったので、2年間で日本語教員プログラムの履修と卒業論文をこなさなければなりませんでした。限られた時間との闘いでしたが、先生方が応援してくださったという環境と、私自身も日本語教師になるという明確な目標を持っていたことでやり遂げられたのだと思います。その時の達成感は大きな自信になっています。
また、卒業前にはJIP(日本語教員インターンシップ・プログラム)で派遣された台湾、屏東商業技術学院(現:国立屏東大学)で、日本語教育実習をさせていただきました。授業だけでなく学生たちと寝食を共にした生活は貴重な経験になりました。
そして現在、更なる学びの場を求めて、神戸大学国際文化学研究科に進学しています。留学生が多く在籍しているこの研究科では、授業や日々の会話のなかで、日本語について考える場面がたくさんあります。そんな時、姫路獨協大学やJIPで得た知識と経験が役立っており、これも日本語教育の基礎をしっかり教えてくださった先生方のお蔭だと、あらためて感謝しています。


images

勤務先: 徳島市農業協同組合(JA徳島)
佐藤 勇河 さん
(徳島県立城北高等学校出身)
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

学生生活で得た大きな収穫を、社会に出てからも活かしたいです

私が大学で最も学んだことは、互いに考え方の異なる他者との関わり方です。「外国語学部フェスティバル」の委員長に選ばれたことで先生方や後輩たちと交流する機会が増え、自分との価値観の違いなどに悩みました。しかし相手の立場に立って考えることの重要性に気づき、また委員長の役割を無事果たせたことが大きな自信となり、積極的に他者と関わることができるようになりました。就職活動では、特に履歴書指導でキャリアセンターのお世話になりました。自分だけでは気付かない部分を豊富な知識をもとに指摘していただき、内容の底上げができました。本学は学生のサポート体制が整っているので、自分の可能性を大きく広げることができました。今後、就職先でも農家の方たちと積極的に関わり、信頼され、安心して仕事を任される社会人になりたいです。


images

勤務先 : オーストラリア・ヴィクトリア州日本語教師アシスタント
伊奈垣 朱俐 さん
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

「やりたいこと」に挑戦することが、自分の成長につながりました。

今を思いきり楽しむこと。私がいつも心がけていることです。「大学時代が一番楽しかった」という話をよく聞きますが、私も4年間の学生生活を思いきり楽しむことができたという自信があります。学校の研修だけでなく、プライベートでもいろいろな国に行きました。そして、「外国が好き」という思いが強まっただけでなく、違う文化で生活している人たちとの触れ合いを楽しみながら視野を広げ、大きく成長することができました。ぜひやりたいことに挑戦し、大学時代を最高に楽しいものにして、自分の夢を叶えてください。


images

勤務先 : YEONGREEM Co.Ltd (韓国:栄林電子株式会社)
川畑 遙香 さん
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

韓国への留学を通して、主体的に行動できるようになりました。

3年次に、韓国の慶熙大学へ交換留学をしました。この留学を通して、苦手だったコミュニケーションを克服。Yes/Noが言え、主体的に行動できるようになりました。帰国後、韓国人経営のお店で働き語学力を維持しながら就職活動をしていた時、ある会社から韓国へ送品する際の送り状を頼まれました。この送り状がその会社で評価されたことをきっかけに面接を受け、就職が決まりました。日韓を往来しながら仕事をしっかりこなし、日韓関係に貢献できるような人間になりたいです。


images

進学先 : 姫路獨協大学大学院 言語教育研究科
上鈴 直輝 さん
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

1年間の留学を通して、充実した大学生活を過ごしました。

4年間の大学生活を通して一番心に残っていることは、1年間、韓国のソウルにある国民大学校へ留学したことです。韓国語の勉強や文化体験はもちろん、国際交流などのサークルに入ってサークル活動に励んだり、日本学科の学生たちや他の留学生たちと交流したりと充実した留学生活を送ることができました。
4月からは姫路獨協大学の大学院(言語教育研究科日本語コース)に進学することになったので、1日1日を大切にし、今まで以上に充実した生活が送れるように頑張ります。


images

勤務先 : 方宇建築会社
陳 沢元 さん
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

日本の思想や文化を学んだことが自分の強みに

授業では、文学作品を通して日本の思想や文化を学びました。私はさらに学びを深めるため、各地へ旅行し、日本と中国との違いを探しました。ゼミレポートは1年間に4本書き、卒論は1.3万字になりました。「敵を知れば負けることはない」、日本の考え方や習慣を知ることは、就職活動にも役立ちました。私が勤めている会社は海外市場に進出しています。今後建築業リーダーの日本と協働する際に、これまで学んできたことが発揮できるよう頑張りたいです。


images

勤務先 : 清河ビジネス(ベトナム)
樋口 夕華 さん
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

留学生との交流をきっかけに、日本語教師への意欲が高まりました

大学生活で留学生と友達になり、その繋がりからさまざまな国の方と交流することができました。それを機に日本語教師への意欲が高まり、日本語教授法プログラムにさらに真剣に取り組むようになりました。3年生の春休みには韓国慶南大学校でのJIP(日本語教育インターンシッププログラム)に参加。4月からベトナムで日本語教師として働くことになり、一人前の日本語教師になれるよう経験を積んでいきたいと考えています。大学時代はとても貴重な時間です。多くの人と交流し、視野を広げることが自分の成長に繋がると思います。


images

勤務先 : (株)兵食
林 俊一 さん
外国語学科 2014年3月卒業
※2013年度取材

日々の業務のなかで、姫路獨協大学で身につけた語学力を発揮しています

私の就職先は、主に冷凍食品の保管、通関、配送を行う国際物流会社です。私は貨物の輸入、輸出業務を担当しています。業務に取り組む上で、大学時代に語学をしっかり勉強しておいて本当によかったと感じています。外国語学部で習得した英語と中国語がすぐに仕事で役立ち、おかげで充実した日々を過ごしています。中国に幾つか関連会社があるので、将来は日中を行き来して、両国の経済の発展に尽力したいという抱負を抱いています。


images

勤務先 : 西兵庫信用金庫
塩谷 彩 さん
外国語学科 2013年3月卒業
※2013年度取材

一日も早く信頼される職員になり
「地元への貢献」を果たしたい。

生まれ育った地域の人々の役に立ちたいという思いから、現在の職場を希望しました。早い段階で内定をいただくことができたのは、姫路獨協大学のコミュニケーションを重視した授業や、キャリアセンターでのマンツーマンによる履歴書指導など、多面的なサポートがあったからだと思います。どんな時も学生の目線で、ていねいに、具体的にサポートしていただきました。入庫後は経理部で経費事務や多額の資金移動などの業務を行っています。数字の間違いは大きなミスにつながるので毎日緊張して業務を行っています。まだまだお客様と直接ふれあう機会も多くはありませんが、日々努力を重ね、多くの方から信頼される職員になり、仕事を通じて地元に恩返しをしたいと思っています。


images

勤務先 :石川県津幡町立条南小学校
田中 幹浩 さん
(石川県 私立金沢高校出身)
外国語学科 2012年3月卒業
※2015年度取材

海外での経験が今でも生きています!

私の学生生活は、海外に「出会い」を求めにいきました。初めて一人で行ったアメリカでは、バスや電車の乗り方さえも分かりませんでしたが、積極的に地元の人に話しかけ、英語を使いました。また、英語圏ではないインドでは、私の英語が通じず悔しい思いもしました。それが、英語の勉強の励みにもつながりました。他にも韓国、タイ、カナダ、シンガポール、フィリピン、マレーシア、ロシア、ウクライナ、ポーランド、ハンガリー、ドイツ、チェコ、UAEなどでも、とても貴重な体験をしました。特にカナダでの経験は今でも生きています。英語力アップや教職に活かしたいと思い、カナダの小学校や幼稚園をいくつもまわりボランティア先を探しました。受け入れて下さった学校では、授業もさせていただきました。もちろん全て英語なので何度も練習し臨みました。素直な子どもたちなので、分からないときははっきりと表情や言葉に表わします。しかし、私の英語や気持ちが通じ、「わかった」と楽しそうにしている姿を見せてくれ、とても嬉しくなりました。 これからも様々な「出会い」を通して、感性を磨きながら子どもたちと一緒に成長していきます。
カナダの(トロント)の幼稚園にて


images

勤務先 : 兵庫県立西宮今津高等学校
中川 真吾 さん
(高等学校卒業程度認定試験)
外国語学科 2012年3月卒業
※2015年度取材

留学や郊外活動等、積極的に様々な場面に参加し、実り多き大学生活を過ごしてください!

大学を卒業し、4年目の春を迎えました。卒業と同時に明石商業高等学校の常勤講師として勤め、2015年度に兵庫県の教諭として採用され西宮今津高等学校に赴任しました。教科は国語を担当しています。
常勤講師をしながら採用試験の勉強をするのは大変でしたが、同僚の先生方の支えがあり無事合格することができました。特に2次試験の練習として同僚の先生方が夏休み中毎日面接の練習をしてくださいました。また、同僚の常勤講師の方と一緒に朝早く出勤し、始業時間まで一緒に毎日勉強したことも大きかったと思います。
教員の仕事は楽ではありません。しかし、子供たちの反応は素直で、こちらが努力すれば子供たちもそれだけのことを返してくれます。それが今の私のやりがいです。「仕事」をしている意識はありません。毎日楽しく自分の好きなことを授業で喋ってお金を頂いているので、幸せものだなと思います。
大学時代は、日本語学、韓国語の勉強に励みました。3年次のときには、韓国へ留学することもできました。留学時の経験は、今の職場でも大きな財産となっています。
1年次の頃は、教員免許を取得するために教職科目を履修していたので、科目数が多く授業が大変でした。入学当初から奨学金の取得と3年次での交換留学を目指していたので、とにかく授業はサボらず、毎日出席し、テストやレポートで高い評価が得られるように努力しました。
2年次の頃は、1年次のときにたくさん授業を受講したので、空き時間もでき、勉強にさける時間が増えました。1年次の終わりごろから2年次の春ごろにかけては、交換留学に必要な検定取得に向けて勉強していました。
3年次の頃は、2月末に韓国へ出発し約1年間韓国で生活しました。その間は、韓国の大学で講義を受け、単位を修得しました。韓国語でのレポート、授業での発表等は、かなり準備が必要で大変な思いをした記憶があります。
4年次の頃は、6月に教育実習、そして1年をかけて卒業論文に取り組みました。
実際に職場で、高校3年生の進路指導の際に私はこう尋ねます。「大学で何をやりたいのか?」私は、
1)韓国語を勉強する
2)韓国の大学に留学する
3)奨学金を得る
4)国語の教員免許を取る
5)日本語教員養成プログラムを受ける
という5つの「やりたいこと」がありました。5)については、果たせませんでしたが、他の項目については果たすことができました。
高校に勤めていて感じることは、大学には高校よりもたくさんの可能性とチャンスがあるということです。留学や郊外活動等、積極的に様々な場面に出て行けば、本当に色々な繋がりを作ることができます。実り多き大学生活を過ごしてください!


images

勤務先 : (株)バリュープランニング
廣末 有香 さん
外国語学科 2010年3月卒業
※2012年度取材

憧れのアパレル業界へ後押ししてくれたのはこの大学ならではの丁寧なサポート体制。

デザイン性に加え機能性も重視した衣類などの開発・製造・卸・販売を手掛けるバリュープランニングに入社して3 年。現在の主な業務は、店舗ごとに異なる客層などを分析し、より売れる戦略を考えるマーケティングと、売り上げの把握からポップ・ディスプレイの提案まで行う店舗管理です。自分で考えた戦略や提案が売り上げに直結するので厳しい反面、非常にやりがいのある業務です。この会社に入社したいと思ったのは、説明会で社長や社員の方が時間をオーバーするくらい気さくに会社のことを話してくれたから。その話から風通しの良い社風であることが伝わってきたため、「きっとこの会社なら楽しく働ける」と感じ、面接でその想いを伝えたところ、入社させていただくことができました。
この大学の一番の魅力は「少人数制」ではないでしょうか。人数が少ないため、授業でわからないところがあれば一人ひとりに丁寧に教えてくれるし、欠席が続くと心配して連絡までくださいます。また就職活動の際は、キャリアセンターで進め方や面接・履歴書に関する指導もじっくりとしていただきました。特に、何をすべきかわからなかった活動当初は、具体的で的確な指導に随分、助けていただきました。先生はもちろん職員の方とも密なコミュニケーションがとれる環境は、勉強にも就職活動にも間違いなく大きな力になりました。就職活動中は落ち込むこともありましたが、最後までモチベーションを維持できたのは目標の業種が明確だったから。道がはっきりしていたからこそ、大学のサポートも効果的かつ十分に受けることができました。


images

川乱 麻里 さん
外国語学部 2010年3月卒業
※2014年度取材

入学時のTOEIC395点が、卒業時には920点に!
海外青年協力隊としても活躍

2年次3月に、香港でJIP(日本語教育インターンシップ・プログラム)に参加し、3年次には、本学交換留学制度に応募しオーストラリアのマードック大学に1年間留学しました。本学入学時のTOEIC395点から卒業時の920点まで、その伸びは大きく、飛躍的に英語力がつきました。
卒業後は、ATJP(オーストラリア・ビクトリア州政府日本語教師アシスタント・プログラム)に1年間参加しました。帰国後は、郷里の岡山市内で日本語教育ボランティアや、公立中学校の外国籍(パキスタン)生徒の取り出し指導に携わりつつ、日本語教育能力検定試験を受験し、合格しています。その後、海外青年協力隊に応募・合格し、国内での研修を2回・訓練を1回受けた後、インドで2年間日本語教育に尽力し、2014年9月に帰国しました。


images

勤務先 : 泰日工業大学
井上 雅司 さん
外国語学部 2008年3月卒業
(大学院言語教育研究科2012年3月修了)
※2014年度取材

現在、タイの泰日工業大学で日本語教師として活躍中!

在学中にオーストラリア(2007年3月)と香港(2008年3月)でJIP(日本語教育インターンシップ・プログラム)に参加しました。
本学大学院進学後は、台湾の高雄第一科技大學と本学とのデュアルディグリー・プログラムに参加し、2つの大学院の修士号を取得しました。その後、「泰日工業大学」(在バンコク、泰日技術振興協会が母体となり2007年6月に開学した大学)に就職し、日本語を教えています。2年契約制で、2015年現在、3年目に入っています。


卒業生の主な進路

主な就職先(過去5年)
建設業
新生ホームサービス(株)/大東建託(株)
製造業
せんねん灸(株)/福伸電機(株)/大和冷機工業(株)/マルイ鍍金工業(株)/兵神機械工業(株)/(株)サマンサタバサジャパンリミテッド/(株)東洋クオリティワン/佐和鍍金工業(株)/(株)寳角ギヤ-
情報通信業
Beauty Korea Co.Ltd(韓国)/SOLIZE Engineering(株)/(株)ユー・エス・イー/KBC九州朝日放送(株)
運輸業・郵便業
日本通運(株)/(株)中国バス/土佐電気鉄道(株)/(株)湊組/(株)大森廻漕店/飾磨海運(株)
卸売・小売業
(株)ホームセンターアグロ/加藤産業(株)/(株)パル/(株)エービーシーマート/(株)プロル-ト丸光むつみ(株)/ゴダイ(株)/CHANEL(株)/(株)コスモス薬品/マックスバリュ西日本(株)/北恵(株)/アウディ姫路/日本ケンタッキーフライドチキン(株)
金融・保険業
兵庫西農業協同組合/広島県厚生農業協同組合/近畿産業信用組合/土佐あき農業協同組合/東京海上火災保険(株)/西兵庫信用金庫/兵庫ひまわり信用組合
不動産業
(株)レオパレス21
飲食店・宿泊業
ホテルニューオータニ鳥取 グリーンハウス/カトープレジャーグループ/フォーシーズンズホテル丸の内 東京/国民宿舎水明荘
医療・福祉
医療法人中央会尼崎中央病院/社会福祉法人ひょうご障害福祉事業協会はりま自立の家
教育・学習支援業
(株)創造学園エディック/新亜国際語言学院
サービス業
Genpact/(株)スタジオアリス
公務員
自衛隊自衛官候補生/兵庫県警察本部/警視庁/兵庫県教育委員会 など(順不同)
主な進学先(過去5年)
姫路獨協大学大学院/神戸大学大学院(博士後期課程)/神戸学院大学大学院/徳島大学大学院/関西大学大学院/兵庫教育大学大学院/西江大学(韓国)/ライプツィヒ大学(ドイツ) など(順不同)

ページの先頭へ