学部・大学院

法学部

社会のしくみがわかる。ニュースや新聞が面白くなる。

images

それぞれの目的に沿って柔軟に学べる環境

本学部では国家・地方公務員をめざす「司法・行政コース」、警察官や消防官などをめざす「公共安全コース」、一般企業への就職をめざす「企業法務コース」の3コースを設置。法律を学ぶことで実現できる将来像へ、具体的に直結するコース編成が特徴です。さらに法科大学院への進学や司法書士など難度の高い資格をめざす人は「アドバンスト・クラス」を選択。集中的プログラムを受講します。


images

一人ひとりと共に法学を学ぶ意味を考える

弁護士や公務員をめざすならば、法学を学ばなければならないことに疑いはないでしょう。では、必ずしもそうではない人にとって、法学を学ぶ意味はどこにあるのでしょうか。またそれが将来どのように活きるのでしょうか。
本学部では、多様な進路をめざす皆さん一人ひとりにとっての法学を学ぶ意味を共に考えます。


法学部Q&A

Q1法学で最も大切なことは「覚えること」ですか?

images

Aいいえ。法学部で重視しているのは法律上の争いを解決するための「考える力」や、双方の意見を聞く「バランス感覚」の育成です。知識の丸暗記だけでは身につけられない「リーガルマインド」といわれる法的思考能力を、本学部で学んでほしいと思います。


Q2法律の授業って、どうやって行うのですか?

A大学特有の大教室での講義形式のほか、少人数制を活かしたディベート(演習)形式の授業も1年次から取り入れています。正解のない問題について話し合いながら、みんなで結論を導き出します。また、裁判所や刑務所の見学、兵庫県警の幹部警察官による特別授業など、さまざまな角度から法律に触れられる授業を設けています。


Q3法学部生は、みんな弁護士など法律の専門家をめざすのですか?

images

Aそんなことはありません。法律の知識は一般企業でも大いに役立つので、自由に職業を選んでください。たとえば法律に則った考え方ができれば、会社内のもめごとや顧客とのトラブルなどに対応できます。実際、本学部の卒業生は幅広い業種の企業へ就職していますが、それは「相手の言い分を聞き、結論を導き出す能力」が、あらゆる業界で必要とされているからだと思います。


ページの先頭へ