学部・大学院

■山本 直樹 [ やまもと なおき ]

姫路獨協大学 薬学部 教員画像

薬学部 医療薬学科:教授

【連絡先】 研究室:薬学部棟 Y508 and Y503

専門分野

  • 神経化学

担当科目

  • 病態生理学 I
  • 病態生理学 II
  • 診断学

メッセージ

高齢化社会に突入した我が国において、様々な病気の治療法確立が強く望まれています。その中でも急速に患者数が増加しているアルツハイマー病について、私はこれまでに研究してきました。アルツハイマー病発症に関わると考えられている物質は、もともとは自身が作り出した産物である。しかし、その産物が加齢による生体内の環境変化に伴い、病原物質に変化することでアルツハイマー病が発症するのだと私は考えています。この病原物質産生を抑制することで、アルツハイマー病発症は抑制されるのではないかと考え、日々研究に励んでおります。姫路獨協大学で一緒にアルツハイマー病について研究してみませんか?

研究室では、研究を通して学生の皆さんに目的意識や達成感などを得てもらいたいと思っております。

高校生へのメッセージ
私が考える医療関係者は、ボランティアや偽善ではなく他人のために尽くせる人だと考えています。皆さんには、そのことを踏まえた薬剤師という医療関係者になることを目指して姫路獨協大学に入学してもらいたいです。私自身も医療関係者(薬剤師を育成する教員)として日々努力しています。

姫路獨協大学で一緒に頑張りましょう!!

学歴

平成15年3月
名古屋市立大学大学院・医学研究科・博士課程 生体防御・総合医学専攻 卒業
平成11年3月
名古屋市立大学大学院・薬学研究科・博士前期課程 製剤学専攻 卒業
平成9年3月
摂南大学・薬学部・衛生薬学科 卒業

学位

  • [学士] 薬学
  • [修士] 薬学
  • [博士] 医学

免許・資格

  • 薬剤師免許
  • 危険物取扱者

主な職歴

平成30年9月
姫路獨協大学薬学部医療薬学科 教授
平成25年10月
北陸大学薬学部薬学科 講師
平成20年4月
立命館大学薬学部薬学科 助教
平成17年4月
日本学術振興会 特別研究員
所属:国立長寿医療センター研究所(現・国立長寿医療研究センター)・アルツハイマー病研究部 外来研究員
平成16年4月
国立長寿医療センター研究所(現・国立長寿医療研究センター)・アルツハイマー病研究部(研究所名及び部名改名) 流動研究員
平成15年4月
国立療養所中部病院(長寿医療研究センター)・痴呆疾患研究部 流動研究員

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本神経化学会
  • 日本認知症学会
  • 日本分子生物学会

論文・解説

  1. Molecular cloning of two bovine aquaporin-4 cDNA isoforms and their expression in brain endothelial cells.(査読付論文) 1999年11月“Biochim. Biophys. Acta” 第1489巻第2-3号記載:P393-P398 共著者:祖父江和哉、山本直樹、米田和広、藤田佳織、三浦裕、浅井清文、津田喬子、勝屋弘忠、加藤泰治
  2. Induction of blood-brain barrier properties in immortalized bovine brain endothelial cells by astrocytic factors.(査読付論文) 1999年12月“Neurosci. Res.” Elsevier Scientific Publishers 第35巻第2号記載:P155-P164 共著者:祖父江和哉、山本直樹、米田和広、Mark E.Hodgson、山城恭子、鶴岡伸夫、津田喬子、勝屋弘忠、三浦裕、浅井清文、加藤泰治
  3. Isolation and characterization of a new immortal rat astorocyte with a high expression of NGF mRNA.(査読付論文) 2001年2月“Neurosci. Res.” 第39巻第2号記載:P205-P212 共著者:森川将行、浅井清文、小久保稔、藤田佳織、米田和広、山本直樹、井上雄一朗、飯田順三、岸本年史、加藤泰治
  4. Regulation of aquaporin-4 expression in astrocytes. (査読付論文) 2001年4月“Mol. Brain Res.” 第89巻第1-2号 記載:P94-P102 共著者:米田和広、山本直樹、浅井清文、祖父江和哉、藤田義人、藤田政隆、間瀬光人、山田和雄、中西真、多田豊曠、三浦裕、加藤泰治
  5. “Interleukin-1ß induces the expression of lipocortin 1 mRNA in cultured rat cortical astrocytes.”(査読付論文) 2001年5月“Neurosci. Res.” 第40巻第1号記載:P53-P60 共著者:宮地泰士、浅井清文、立木秀樹、水野晴夫、山本直樹、横井誉、青山峰芳、戸刈創、和田義郎、三浦裕、加藤泰治
  6. Alteration in the expression of the AQP family in cultured rat astrocytes during hypoxia and reoxygenation.(査読付論文) 2001年5月“Mol. Brain Res.” 第90巻第1号記載:P26-P38 共著者:山本直樹、米田和広、浅井清文、祖父江和哉、多田豊曠、藤田義人、藤田政隆、相原徳孝、間瀬光人、山田和雄、三浦裕、加藤泰治
  7. Differential regulation of aquaporin expression in astrocytes by protein kinase C.(査読付論文) 2001年11月“Mol. Brain Res. ” 第95巻第1-2号 記載:P110-P116 共著者:山本直樹、祖父江和哉、宮地泰士、稲垣雅昭、三浦裕、勝屋弘忠、浅井清文
  8. Developmental changes and localization of mouse brain serine proteinase mRNA and protein in mouse brain.(査読付論文) 2002年4月“Neurosci. Lett.” 第323巻第2号記載:P133-P136 共著者:横井誉、山本直樹、多田豊曠、藤田政隆、森山昭彦、松井等、高橋孝行、戸刈創、加藤泰治、浅井清文
  9. Differential regulation of aquaporin-5 and -9 expression in astrocytes by protein kinase A.(査読付論文) 2002年7月“Mol. Brain Res.” 第104巻第1号記載:P96-P102 共著者:山本直樹、祖父江和哉、藤田政隆、勝屋弘忠、浅井清文
  10. ACTH1-24 down-regulates expression of ciliary neurotrophic factor mRNA in cultured rat astrocyte.(査読付論文) 2002年12月“Pediatr. Res.” 第52巻第6号記載:P950-P957 共著者:小久保稔、浅井清文、山本直樹、青山峰芳、森川将行、戸刈創、加藤泰治
  11. Genomic structure and promoter activity of the human glia muturation factor-gamma gene: A TATA-less, GC-rich and bi-directional promoter.(査読付論文) 2003年2月“Biochim. Biophys. Acta” 第1625巻第3号記載:P246-P252 共著者:河合洋子、浅井清文、三浦裕、井上雄一朗、山本愛美、森山昭彦、山本直樹、加藤泰治
  12. Complement C5a receptor-mediated signaling may be involved in neurodegeneration in Alzheimer disease.(査読付論文) 2003年6月“J. Immunol.” 第170巻第11号記載:P5764-P5771 共著者:Farkas Imre、高橋三津雄、福田敦夫、山本直樹、赤津裕康、Baranyi Lajos、立山尚、山本孝之、岡田則子、岡田秀親
  13. Effect of mild hypothermia on the expression of aquaporin family in cultured rat astrocytes under hypoxic condition.(査読付論文) 2003年11月“Neurosci. Res.” 第47巻第4号記載:P437-P444 共著者:藤田義人、山本直樹、祖父江和哉、稲垣雅昭、伊藤弘晃、有馬一、森島徹郎、竹内昭憲、津田喬子、勝屋弘忠、浅井清文
  14. Hyperosmolar mannitol stimulates expression of aquaporin 4 and 9 through a p38 mitogen activated protein kinase-dependent pathway in rat astrocytes.(査読付論文) 2003年12月“J. Biol. Chem.” 第278巻第45号記載:P44525-P44534 共著者:有馬一、山本直樹、祖父江和哉、梅西文則、多田豊曠、勝屋弘忠、浅井清文
  15. Upregulation of aquaporin-1 in experimental hydrocephalus ameliorated with shunting.(査読付論文) 2003年12月“Nagoya Med. J.” 第46巻第1号記載:P181-P194 共著者:磯村健一、間瀬光人、片野広之、藤田政隆、相原徳孝、近藤健志、鳥居邦夫、山本直樹、浅井清文、西野人雄、山田和雄
  16. Sensitive immunoassays for human and rat GMFB and GMFG, tissue distribution and age-related changes. (査読付論文) 2004年2月“Biochim. Biophys. Acta” 第1670巻第3号 記載:P208-P216 共著者:稲垣雅昭、青山峰芳、祖父江和哉、山本直樹、森島徹郎、森山昭彦、勝屋弘忠、浅井清文
  17. A seed for Alzheimer amyloid in the brain.(査読付論文) 2004年5月“J. Neurosci.” 第24巻第20号記載:P4894-P4902 共著者:林秀樹、木村展之、山口晴保、長谷川一浩、横関たつき、柴田昌夫、山本直樹、道川誠、吉川泰弘、寺尾恵治、松崎勝巳、Cynthia A. Lemere、Dennis J.Selkoe、内木宏延、柳澤勝彦
  18. Environment- and mutation-dependent aggregation behavior of Alzheimer amyloid ß-protein.(査読付論文) 2004年6月“J. Neurochem.” 第24巻第1号記載:P62-P69 共著者:山本直樹、長谷川一浩、松崎勝巳、内木宏延、柳澤勝彦
  19. Accelerated Aß aggregation in the presence of GM1-ganglioside-accumulated synaptosomes of aged apoE4-knock-in mouse brain.(査読付論文) 2004年6月“FEBS Lett.” 第569巻第1-3号記載:P135-P139 共著者:山本直樹、Urule Igbabvoa、嶋田由紀子、岩下淑子、小林まり子、Gibson W.Wood、藤田忍、柳澤勝彦
  20. Murine synaptosomal lipid raft protein and lipid composition are altered by expression of human apoE 3 and 4 and by increasing age.(査読付論文) 2005年3月“J. Neurol. Sci.” 第229-230巻記載:P225-P232 共著者:Urule Igbabvoa、Gunter P. Eckert、Todd M. Malo、Ann E. Studniski、Leslie N. A. Johnson、山本直樹、小林まり子、藤田忍、Thomas R. Appel、Muller W.E.、Gibson W.Wood、柳澤勝彦
  21. Assembly of hereditary amyloid beta-protein variants in the presence of favorable gangliosides.(査読付論文) 2005年4月“FEBS Lett.” 第579巻第10号記載:P2185-P2190 共著者:山本直樹、平林義雄、甘利、山口晴保、Galina Romanov、William E.Van Nostrand、柳澤勝彦
  22. Suppression of Abeta deposition in brain by peripheral administration of Fab fragments of anti-seed antibody.(査読付論文) 2005年9月“Biochem. Biophys. Res. Commun.” 第335巻第1号記載:P45-P47 共著者:山本直樹、横関たつき、柴田昌夫、山口晴保、柳澤勝彦
  23. Cross-seeding of wild-type and hereditary variant-type amyloid beta-proteins in the presence of gangliosides.(査読付論文) 2005年11月“J. Neurochem.” 第95巻第4号記載:P1167-P1176 共著者:山本直樹、松崎勝巳、柳澤勝彦
  24. Interleukin-1ß induces the expression of aquaporin-4 through a nuclear factor-{kappa}B pathway in rat astrocytes.(査読付論文) 2006年10月“J. Neurochem.” 第99巻第1号記載:P107-P118 共著者:伊藤弘晃、山本直樹、有馬一、森島徹郎、梅西文則、多田豊曠、浅井清文、勝屋弘忠、祖父江和哉
  25. Further evidence of local ganglioside-dependent Aß assembly in brain.(査読付論文) 2006年11月“Neuroreport” 第17巻第16号記載:P1735-P1737 共著者:山本直樹、William E.Van Nostrand、柳澤勝彦
  26. Endocytic pathway abnormalities in PC12 cells treated with chloroquine: cellular model of GM1-ganglioside-induced Aß fibrillogenesis in alzheimer’s desease.(査読付論文) 2006年12月“FEBS Lett.” 第580巻第30号記載:P6972-P6976 共著者:湯山耕平、山本直樹、柳澤勝彦
  27. A ganglioside-induced toxic soluble Aß assembly: Its enhanced formation from Aß bearing the Arctic mutation.(査読付論文) 2007年1月“J. Biol. Chem.” 第282巻第4号記載:P2646-P2655 共著者:山本直樹、松原悦朗、前田純宏、高島昭彦、丸山和佳子、道川誠、柳澤勝彦
  28. GM1-ganglioside-induced Aß assembly at synaptic sites of cultured neurons.(査読付論文) 2007年5月“Biochim. Biophys. Acta” 第1768巻第5号記載:P1128-P1137 共著者:山本直樹、深田優子、深田正紀、柳澤勝彦
  29. Accelerated release of exosome-associated GM1 ganglioside (GM1) by endocytic pathway abnormality: another putative pathway for GM1-induced amyloid fibril formation.(査読付論文) 2008年4月“J. Neurochem.” 第105巻第1号記載:P217-P224 共著者:湯山耕平、山本直樹、柳澤勝彦
  30. Lactic acid increases aquaporin 4 expression on the cell membrane of cultured rat astrocytes.(査読付論文) 2008年5月“Neurosci Res.” 第61巻第1号記載:P18-P26 共著者:森島徹朗、青山峰芳、飯田優子、山本直樹、平手博之、有馬一、藤田義人、笹野寛、津田喬子、勝屋弘忠、浅井清文、祖父江和哉
  31. Age-dependent high-density clustering of GM1 ganglioside at presynaptic neuritic terminals promotes amyloid ß-protein fibrillogenesis.(査読付論文) 2008年12月“Biochim. Biophys. Acta” 第1778巻第12号記載:P2717-P2726 共著者:山本直樹、松原輝彦、佐藤智典、柳澤勝彦
  32. Up-and-down topological mode of amyloid beta-peptide lying on hydrophilic/hydrophobic interface of ganglioside clusters.(査読付論文) 2009年8月“Glycoconj. J.” 第26巻第8号記載:P999-P1006 共著者:内海真穂、山口芳樹、笹川拡明、山本直樹、柳澤勝彦、加藤晃一
  33. Ganglioside determine the amyloid pathology of Alzheimer disease.(査読付論文) 2009年11月“Neuroreport” 第20巻第12号記載:P1043-P1046 共著者:及川尚人、山口晴靖、荻野晃一、瀧孝雄、湯山耕平、山本直樹、Ryong-Woon Shin、古川鋼一、柳澤勝彦
  34. Depletion of vitamin E increases Abeta accumulation by decreasing its clearances from brain and blood in a mouse model of Alzheimer disease.(査読付論文) 2009年11月“J. Biol. Chem.” 第284巻第48号 記載:P33400-P33408 共著者:西田陽一郎、伊藤慎悟、大槻純男、山本直樹、高橋真、岩田修永、山田宏美、笹栗弘貴、横田繁史、寺社下浩一、Wenying Piao、冨満弘之、西道隆臣、柳澤勝彦、寺崎哲也、水澤英洋、横田隆徳
  35. Insulin inhibits Abeta fibrillogenesis through a decrease in the GM1 ganglioside-rich microdomain of neuronal membranes.(査読付論文) 2010年5月“J. Neurochem.” 第113巻第3号記載:P628-P636 共著者:山本直樹、谷浦秀夫、鈴木健二
  36. Surface-induced phase separation of a sphingomyelin/cholesterol/ganglioside GM1-planar bilayer on mica surfaces and microdomain molecular conformation that accelerates Abeta oligomerization.(査読付論文) 2010年6月“Biochim. Biophys. Acta” 第1798巻第6号 記載:P1090-P1199 共著者:Yanli Mao、Zhiguo Shang、今井陽介、星野忠治、手老龍吾、田中基彦、山本直樹、柳澤勝彦、宇理須恒雄
  37. Extracellular and intraneuronal HMW-AbetaOs represent a molecular basis of memory loss in Alzheimer's disease model mouse.(査読付論文) 2011年3月“Mol. Neurodegener.” 第6巻第1号記載:P20 共著者:高村歩美、岡本康秀、瓦林毅、横関たつき、柴田昌夫、毛利彰宏、鍋島俊隆、Hui Sun、宇理須恒雄、山本直樹、東海林幹夫、柳澤勝彦、道川誠、松原悦朗
  38. Central AMP-activated protein kinase affects sympathetic nerve activity in rats. (査読付論文) 2011年8月“Neurosci. Lett.” 第503巻第3号記載:P167-P170 共著者:谷田守、山本直樹
  39. Brain insulin resistance accelerates Aβ fibrillogenesis by inducing GM1 ganglioside clustering in the presynaptic membranes. (査読付論文) 2012年5月 “J. Neurochem.” 第121巻第4号記載:P619-P628 共著者:山本直樹、松原輝彦、祖父江和哉、谷田守、笠原梨加、成瀬かおり、谷浦秀夫、佐藤智典、鈴木健二
  40. The density of GM1 in nanoclusters is a critical factor in the formation of a spherical assembly of amyloid β-protein on synaptic plasma membranes. (査読付論文) 2013年2月“Langmuir” 第29巻第7号記載:P2258-P2264 共著者:松原輝彦、飯島一智、山本直樹、柳澤勝彦、佐藤智典
  41. Involvement of Hypothalamic AMP-Activated Protein Kinase in Leptin-Induced Sympathetic Nerve Activation. (査読付論文) 2013年2月 “PLOS ONE” 第8巻第2号記載:e56660 共著者:谷田守、山本直樹、芝本利重、Kamal Rahmouni
  42. Central PACAP mediates the sympathetic effects of leptin in a tissue-specific manner.(査読付論文) 2013年5月 “Neuroscience” 第238巻記載:P297-P304 共著者:谷田守、早田敦子、新谷紀人、山本直樹、倉田康孝、芝本利重、Donald A. Morgan、Kamal Rahmouni、橋本均
  43. Propofol and thiopental suppress amyloid fibril formation and GM1 ganglioside expression through the gamma-aminobutyric acid A receptor.(査読付論文) 2013年6月 “Anesthesiology” 第118巻第6号記載:P1408-P1416 共著者:山本直樹、有馬一、杉浦健、高柳猛彦、谷浦秀夫、鈴木健二、祖父江和哉
  44. Ketamine reduces amyloid β-protein degradation by suppressing neprilysin expression in primary cultured astrocytes.(査読付論文) 2013年6月“Neurosci. Lett.” 第545巻記載:P54-P58 共同発表者:山本直樹、有馬一、成瀬かおり、笠原梨加、谷浦秀夫、平手博之、杉浦健、鈴木健二、祖父江和哉
  45. Leptin inhibits amyloidβ-protein degradation through decrease of neprilysin expression in primary cultured astrocytes.(査読付論文) 2014年2月 “Biochem. Biophys. Res. Commun.” 第445巻記載:P214-P217 共同発表者:山本直樹、谷田守、大野陽子、笠原梨加、藤井有子、大洞健太郎、鈴木健二、祖父江和哉
  46. Soy isoflavone affects the autonomic nervous system in a tissue-specific manner in anesthetized rats.(査読付論文) 2014年4月 “Exp. Biol. Med.” 第239巻記載:P477-P483 共同発表者:谷田守、今西一喜、小松未英、里見潤、山本直樹、Mofei Wang、倉田康孝、芝本利重
  47. Leptin inhibits amyloid β-protein fibrillogenesis by decreasing GM1 gangliosides on the neuronal cell surface through PI3K/Akt/mTOR pathway. (査読付論文) 2014年7月“J. Neurochem.” 第131巻第3号記載:P323-P332 共同発表者:山本直樹、谷田守、笠原梨加、祖父江和哉、鈴木健二
  48. Leptin receptor signaling in the hypothalamus regulates hepatic autonomic nerve activity via phosphatidylinositol 3-kinase and AMP-activated protein kinase.(査読付論文)2015年1月 “J. Neurosci.” 第35巻第2号記載:P474-P484 共著者:谷田守、山本直樹、Donald A. Morgan、倉田康孝、芝本利重、Kamal Rahmouni
  49. Midazolam inhibits the formation of amyloid fibrils and GM1 ganglioside-rich microdomains in presynaptic membranes through the gamma-aminobutyric acid A receptor.(査読付論文) 2015年2月 “Biochem. Biophys. Res. Commun.” 第457巻記載:P547-P553 共同発表者:山本直樹、有馬一、杉浦健、平手博之、草間伸行、鈴木健二、祖父江和哉
  50. Hypothalamic Nesfatin-1 Stimulates Sympathetic Nerve Activity via Hypothalamic ERK Signaling. (査読付論文) 2015年11月 “Diabetes” 第64巻記載:P3725-3736 共著者:谷田守、 後藤仁志、山本直樹、 王墨飛、九田裕一、倉田康孝、森昌朋、芝本利重
  51. Simvastatin and atorvastatin facilitates amyloid β-protein degradation in extracellular spaces by increasing neprilysin secretion from astrocytes through activation of MAPK/Erk1/2 pathways. (査読付論文) 2016年6月“Glia” 山本直樹、 藤井有子、笠原梨加、谷田守、大洞健太郎、大野陽子、鈴木健二、祖父江和哉 第64巻第6号記載:P952-962.
  52. The σ1 receptor regulates accumulation of GM1 ganglioside-enriched autophagosomes in astrocytes. (査読付論文) 2017年1月“Neuroscience” 笠原梨加、山本直樹、鈴木健二、祖父江和哉 第340巻記載:P176-187.
  53. Epigallocatechin gallate induces extracellular degradation of amyloid β-protein by increasing neprilysin secretion from astrocytes through activation of ERK and PI3K pathways. (査読付論文) 2017年10月“Neuroscience” 山本直樹、 柴田麻里、石黒凌、谷田守、谷口結奈、池田−松尾由理、祖父江和哉 第362巻記載:P70-78.
  54. Insulin-signaling Pathway Regulates the Degradation of Amyloid β-protein via Astrocytes. (査読付論文) 2018年8月“Neuroscience” 山本直樹、石黒凌、谷田守、鈴木健二、池田−松尾由理、祖父江和哉 第385巻記載:P227-236.

特許

  1. アミロイドβオリゴマー並びにその製造方法及び使用方法 2011年12月4日
    特許の内容:可溶性アミロイドß蛋白重合体の調整法ならびに毒性評価法についての特許
    登録番号:特許第4876224号
    本人担当部分:共同研究者の指揮の下、全ての実験に関わる部分を担当しました。
    共同研究者:柳澤勝彦

競争的資金

(科学研究費補助金)

  1. 「基盤研究(C)」術後認知機能障害における脳内耐糖能異常の影響の解明と予防法の確立(代表) 2018年4月—2021年3月
  2. 「若手研究(B)」GM1ガングリオシド発現抑制能を有するアミロイドβ蛋白重合体形成抑制物質の探索(代表) 2013年4月—2016年3月
  3. 「基盤研究(B)」脳領域依存的なアミロイドß 蛋白蓄積の分子機構解明(分担)代表者:柳澤勝彦 2010年4月—2013年3月
  4. 「特別研究員奨励費」アルツハイマー病発症分子機構の解明(代表) 2005年4月—2008年3月

(民間助成金)

  1. 「三島海雲記念財団」機能性食品由来物質がアルツハイマー病発症関連分子に与える影響(代表) 2013年7月—2014年6月
  2. 「武田科学振興財団・薬学系研究奨励金」アミロイドβ蛋白が中枢神経系細胞に与える新たな影響の検索(代表) 2009年11月—2014年10月
  3. 「持田記念医学薬学振興財団」In vivoモデルを用いたアルツハイマー型認知症の治療薬探索(代表) 2009年10月—2010年10月
  4. 「黒住医学研究振興財団」アルツハイマー型認知症の早期診断物質の探索(代表) 2009年10月—2010年10月

社会貢献活動

  • 平成23年12月 立命館大阪オフィス公開講座 (テーマ:アルツハイマー病の治療薬の研究)

学内委員など

  • 教務委員会委員
  • 薬学教育推進委員会委員
  • 薬学部教育改善実施(FD)委員会委員
  • 動物実験委員会委員

ページの先頭へ