中村 隆典

  • 中村 隆典
    [なかむら たかのり]

    • 学部

    • 薬学部医療薬学科:天然物化学研究室 教授

    • 連絡先

    • 部屋番号:Y608

専門分野

  • 生薬学
  • 天然薬用植物
  • 天然物化学
  • 漢方処方学

担当科目

  • 生薬学
  • 天然物化学
  • 生薬学実習
  • 薬剤学(局方関連)
  • 生物・衛生・生薬系統合演習
  • 漢方処方学
  • 模擬薬局実習
  • 病院実務実習
  • 薬局実務実習
  • 薬学総合演習
  • 卒業研究
  • インターネットと医療介護

メッセージ

  • 大学生は、自分で考え計画を立て、学業と人間形成を両立する人生で最も大切な時期です。精一杯、勉強し、沢山友人を作り、一生の財産を築ける時期にしてください。そのために、私ら教員は出来るだけお手伝いをします。頑張りましょう!!

学歴

  • 1999年 熊本大学薬学部 (薬学) (論文)
  • 1995年 熊本大学修士薬学研究科医療薬科学 修了

学位

  • 博士 (薬学)

主な職歴

  • 株式会社 アガペ
  • 日立造船バイオ株式会社
  • 日立造船株式会社バイオ事業部

所属学会

  • 日本生薬学会
  • 日本薬学会
  • 日本環境変異原学会

原著・総説・著書

論文

  • Satomi Kawaguchi, Riki Kawasaki, Ryo Murashige, Kayoko Yamazaki, Shin ichiro Kurimoto, Takanori Nakamura, Yu F Sasaki: Can connarus rubber extract inhibit the induction of insulin resistance by hyperglycemia?, MOJ Toxicology, 6(1)6-10 (2020)
  • Yu F Sasaki, Satomi Kawaguchi and Takanori Nakamura : The Power of the Comet Assay to Detect Low Level Genotoxicity and DNA Repair Factors Affecting its Power. MOJ Toxicology, 2017, 3(2), 00049.DOI:10.15406/mojt.2017.03.00049.
  • S. Kurimoto, Y. Suyama, N. Tanaka, Y. Kashiwada, T. Nakamura : Acylated triterpene saponins from the stem bark of Acer nikoense (Aceraceae). Chem. Pharm. Bull., 64, 924–929 (2016).
  • 朴杓汝, 中村隆典, 更家信, 川井眞好:世界文化遺産 姫路城の桜花由来の天然酵母による地酒の開発. 兵庫自治学, Vol. 22, pp. 109-114 (2016).
  • T. Nakamura, Y. Ishida, K. Ainai, S. Nakamura, S. Shirata, K. Murayama, S. Kurimoto, K. Saigo, R. Murashige, S. Tsuda, Y. F. Sasaki : Genotoxicity-suppressing effect of aqueous extract of Connarus ruber cortex on cigarette smoke-induced micronuclei in mouse peripheral erythrocytes. Genes and Environment, Vol. 37:17 (2015).
  • K. R. Joshi, H. P. Devkota, T. Nakamura, T. Watanabe, S. Yahara : Chemical Constituents and their DPPH Radical Scavenging Activity of Nepalese Crude Drug Begonia picta. Rec. Nat. Prod. Vol. 9:3 pp. 446-450 (2015).
  • 堀江弘子, 岩切龍一, 黒木茂高, 岩本英里, 古賀さやか, 田代貴也, 小野尚文, 江口尚久, 中村隆典, 柳澤振一郎, 駒田富佐夫, 江口有一郎:酸化ストレス度評価(d-ROMs テスト)からみた禁煙治療の有効性の検討. 人間ドック, Vol. 30, No. 1 pp. 30-37 (2015).
  • C. Odajima, T. Nakamura, M. Nakamura, M. Miura, K. Yamasaki, G. Honda, Y. Kikuchi, A. Yamamoto, Y. F. Sasaki : Role of Nucleotide Excision Repair or Base Excision Repair in Movement of Various n-Alkylated Bases, Investigated by the Comet Assay. Genes and Environment, Vol. 36, No. 1 pp. 10-16 (2014).
  • C. Odajima, T. Nakamura, M. Miura, K. Yamazaki, G. Honda, Y. Kikuchi, A. Yamamoto, Y. F. Sasaki : Can an Inhibitor of DNA Polymerase β Enhance the Formation of Comet Tail ? Genes and Environment, Vol. 35, No. 2 pp. 46-52 (2013).
  • C. Odajima, T. Nakamura, M. Nakai, K. Yamazaki, S. Hattori, N. Murakami, G. Honda, A. Yamamoto, S. Kawaguchi, Y. F. Sasaki : How Is the Formation of Comet Tails Supported by the Incision Step of Nucleotide Excision Repair. Genes and Environment, Vol. 34, No. 3 pp. 101-106 (2012).
  • 堀江弘子, 江口有一郎, 中村隆典, 水田敏彦, 桑代卓也, 岩本英里, 古賀さやか, 田代貴也, 冨永智香子, 黒木茂高, 小野尚文, 木下淳, 本多義昭, 駒田富佐夫, 尾崎岩太, 安西慶三, 藤本一眞, 江口尚久:肝炎ウイルス検査受診率向上には医療者による個別の意義の説明が有効である. 肝臓, Vol. 53, No. 10 pp. 591-601 (2012).
  • 堀江弘子, 江口有一郎, 水田敏彦, 桑代卓也, 岩本英里, 古賀さやか, 田代貴也, 富永智香子, 黒木茂高, 小野尚文, 江口尚久, 中村隆典, 木下淳, 本多義昭, 天野学, 駒田富佐夫, 藤本一眞:肝炎ウイルス検査を希望しない人の生活習慣の特徴とは?-特定健診の標準的質問票からの予測. 日本未病システム学会雑誌, Vol. 18, No. 1 pp. 98-101 (2012).
  • 天野学, 駒田富佐夫, 井上聖子, 辰巳智子, 宮岡弘明, 緑川和重, 天野亜紀, 中村隆典, 清原義史, 横山照由:アンケート調査による簡易懸濁法でのチューブ詰まりの原因解析.医療薬学, Vol. 38, No. 2 pp. 137-145 (2012).
  • T. Nakamura, M. Nakai, K. Ookubo, Y. Kitamura, N. Doe, S. Hattori, N. Murakami, A. Yamamoto, G. Honda, Y. F. Sasaki :Genotoxicity-suppressing Effect of Aqueous Extract of Connarus ruber Cortex. Genes and Environment, Vol. 33, No. 3 pp. 81-88 (2011).
  • S. Kawaguchi, T. Nakamura, A. Yamamoto, G. Honda, Y. F. Sasaki : Is the Comet Assay a Sensitive Procedure for Detecting Genotoxicity? Journal of Nucleic Acids, Volume 2010, Article ID 541050 (2010).
  • T. Nakamura, A. Yamamoto, G. Honda, S. Kawaguchi, N. Yokohama, Y. F. Sasaki : Does p53 Status Affect the Sensitivity of the Comet Assay? Genes and Environment, Vol. 32, No. 1 pp. 14-20 (2010).
  • 堀江弘子, 岡田倫明, 江口有一郎, 水田敏彦, 岩本英里, 古賀さやか, 田代貴也, 富永智香子, 黒木茂高, 小野尚文, 江口尚久, 中村隆典, 木下淳, 本多義昭, 藤本一眞, 岩切龍一, 小泉俊三, 駒田富佐夫:ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS スコア値)は、禁煙の行動ステージ(禁煙への意気込み)に影響を受ける. 日本未病システム学会雑誌, Vol. 16, No. 2 pp. 374-376 (2010).
  • 堀江弘子, 中村隆典, 黒木茂高, 小野尚文, 江口尚久, 木下淳, 本多義昭, 駒田富佐夫:禁煙治療における患者背景と治療成績との関連性に関する調査研究.医薬品情報学, Vol. 11, No. 3 pp. 180-188 (2010).
  • 清原義史, 大西憲明, 角山圭一, 木下淳, 中村隆典, 宮本和英, 矢上達郎, 通山由美, 駒田富佐夫, 奥村勝彦:姫路獨協大学薬学部における早期体験学習前後の学生アンケート調査. 医薬品情報学, Vol. 10, No. 4 pp. 273-279 (2009).
  • M. Ono, T. Kakiuchi, H. Ebisawa, Y. Shiono, T. Nakamura, T. Kai, T. Ikeda, H. Miyashita, H. Yoshimitsu, T. Nohara : Steroidal Glycosides from the Fruits of Solanum viarum. Chem. Pharm. Bull., Vol. 57, No. 6 pp. 632-635 (2009).
  • S. Kawaguchi, T. Nakamura, G. Honda, N. Yokohama, Y. F. Sasaki : Detection of DNA Single Strand Breaks Induced by Chemical Mutagens Using the Acellular Comet Assay. Genes and Environment, Vol. 30, No. 3 pp. 77-85 (2008).
  • Y. F. Sasaki, T. Nakamura, S. Kawaguchi : What is better experimental design for in vitro comet assay to detect chemical genotoxicity? AATEX, Vol. 14, Special Issue, pp. 499-504 (2008).
  • S. Kawaguchi, T. Nakamura, G. Honda, N. Yokohama, Y. F. Sasaki : In vivo Genotoxic Potential of Kojic Acid in Rodent Multiple Organs Detected by the Comet Assay. Genes and Environment, Vol. 30, No. 1 pp. 25-32 (2008).
  • S. Kawaguchi, T. Nakamura, G. Honda, Y. F. Sasaki : Evaluation of in vitro Genotoxic Potential of Kojic Acid in Human Lymphoblastoid Cells. Genes and Environment, Vol. 29, No. 4 pp. 153-158 (2007).
  • T. Nakamura, Y. Nakazawa, S. Onizuka, C. Tanaka, S. Yahara, T. Nohara : Twelve Phenolics from Leaves of Eucommia ulmoides. Natural Medicines, Vol. 52, No. 5, pp. 460 (1998).
  • T. Nakamura, Y. Nakazawa, S. Onizuka, C. Tanaka, S. Yahara, T. Nohara : Studies on the Constituents of Eucommia ulmoides Iridoids from the Leaves. Natural Medicines, Vol. 51, No. 3, 275-277 (1997).
  • C. Tanaka, T. Nakamura, Y. Nakazawa, T. Nohara : A New Triterpenoid from the Leaves of Eucommia ulmoides OLIV. Chem. Pharm. Bull., Vol. 45, No. 8 pp. 1379-1380 (1997).
  • T. Nakamura, Y. Nakazawa, S. Onizuka, S. Satoh, A. Chiba, K. Sekihashi, A. Miura, N. Yasugahira, Y. F. Sasaki : Antimutagenicity of Tochu tea (an aqueous extract of Eucommia ulmoides leaves) 1. The clastogen-suppressing effects of Tochu tea in CHO cells and mice. Mutation Research, Vol. 388, No. 1 pp. 7-20 (1997).
  • 中沢慶久, 小田切則夫, 今井玲子, 吉井利朗, 田頭栄治郎, 中田千登世, 中村隆典, 浅海正吉, 鬼塚重則, 矢原正治, 野原稔弘: 杜仲葉エキスの血圧降下に関する研究(第1報)自然発症高血圧ラットによる血圧上昇抑制作用. Natural Medicines, Vol. 51, No. 5, pp. 392-398 (1997).
  • S. Yahara, T. Nakamura, Y. Someya, T. Matsumoto, T. Yamashita, T. Nohara : STEROIDAL GLYCOSIDES, INDIOSIDES A-E, FROM SOLANUM INDICUM. Phytochemistry, Vol. 43, No. 6, pp. 1319-1323 (1996).
  • T. Nakamura, C. Komori, Y-. Y. Lee, F. Hashimoto, S. Yahara, T. Nohara and A. Ejima : Cytotoxic Activities of Solanum Steroidal Glycosides. Biol. Pharm. Bull., Vol. 19, No. 4 pp. 564-566 (1996).
  • Y. F. Sasaki, A. Chiba, M. Murakami, K. Sekihashi, M. Tanaka, M. Takahoko, S. Moribayashi, C. Kudou, Y. Hara, Y. Nakazawa, T. Nakamura, S. Onizuka : Antimutagenicity of Tochu tea (an aqueous extract of Eucommia ulmoides leaves) : 2. Suppressing effect of Tochu tea on the urine mutagenicity after ingestion of raw fish and cooked beef. Mutation Research, Vol. 371, No. 3-4 pp. 203-214 (1996).
  • E. Ohmura, T. Nakamura, R. H. Tian, S. Yahara, H. Yoshimitsu and T. Nohara : 26-Aminocholestanol Derivative, a Novel Key Intermediate of Steroidal Alkaloids, from Solanum abutiloides. Tetrahedron Lett., Vol. 36, No. 46 pp. 8443-8444 (1995)

総説

  • 中村 京都伝統の京野菜の抗変異原性と抗発がん性の特性 ファルマシア Vol. 45, No. 2 pp. 173-174 (2009).
  • 学会

    • 「食用菊『阿房宮』に含まれる抗糖化活性物質の探索」 日本薬学会(京都)(2020)
    • 「Connarus ruber 抽出物の終末糖化産物生成とインスリン耐性誘導に対する阻害作用」日本生薬学会(東京)(2019)
    • 「食用菊「上大野」から単離した新規ポリアセチレン配糖体の構造」 日本生薬学会(東京)(2019)
    • 「食用菊『上大野』から単離した新規ポリアセチレン配糖体の構造」 日本薬学会(千葉)(2019)
    • 「シソ科植物Teucrium chamaedrysから単離した新規ジテルペンの構造」 日本薬学会(千葉)(2019)
    • 「新品種の食用菊『上大野』花部の機能性に関する研究」日本薬学会(石川)(2019)
    • メグスリノキ(Acer nikoense)樹皮の成分研究 日本薬学会(横浜)(2016)
      Connarus ruber の遺伝毒性抑制活性成分について 日本薬学会(横浜)(2016)
      メグスリノキの遺伝毒性抑制作用に関する研究 日本薬学会(横浜)(2016)
    • Connarus エキスを含有飲料飲用による喫煙の遺伝毒性に対する臨床的検討 日本生薬学会(福岡)(2014)
    • 喫煙の遺伝毒性に対するコンナルスエキスを含有飲用による抑制に関する臨床的検討 日本薬学会(熊本)(2014)
    • 喫煙によるマウス抹消赤血球における小核の抑制 日本生薬学会(札幌)(2013)
    • ブラジル産コンナルス樹皮エキスの変異原性抑制機構 日本薬学会(札幌)(2012)
    • 実務実習事前学習への自己評価システムとリスクマネージメント教育における SGD の導入、第21回日本医療薬学会年会(神戸)(2011)
    • 姫路獨協大学実務実習前における学生の意識調査、第21回日本医療薬学会年会(神戸)(2011)
    • ブラジル産コンナルス・エキスの変異原性抑制物質の探索研究(第3報) 日本生薬学会(東京)(2011)
    • ブラジル産コンナルス・エキスの変異原性抑制物質の探索研究(第2報) 日本生薬学会(徳島)(2010)
    • ブラジル産コンナルス樹皮エキスの変異原性抑制物質 日本薬学会(岡山)(2010)
    • ブラジル産コンナルス樹皮熱水粗抽出物の変異原性抑制作用 日本環境変異原学会 (静岡)(2009)
    • 姫路獨協大学薬学部 漢方・生薬学研究室の2年間 日本生薬学会(京都)(2009)
    • ブラジル産コンナルス樹皮エキスの変異原性抑制物質の探索研究 日本薬生学会(京都)(2009)
    • ガマズミ搾汁のヘキサン抽出物のマウスにおける遺伝毒性抑制作用 日本薬学会(京都)(2009)
    • 苦丁茶の変異原性抑制作用物質の探索研究 日本生薬学会(長崎)(2008)
    • 苦丁茶の変異原性抑制作用. 日本薬学会(横浜) (2008)
    • Photo-comet assay of maltol using human lymphoma WTK1 cells 日本環境変異原学会(小倉)(2007)

    著書

    • 中沢慶久, 中村隆典, 鬼塚重則:杜仲抽出物. 植物資源の生理活性物質ハンドブック(共著刊), pp. 138-143 (1999).

    特許

    • 特開平 10-304848「抗高脂血症機能を持つ食品」 平成10年12月
      杜仲茶の新規薬理作用の探索を、SHR(自然発症高血圧ラット)による実験で抗高脂血症の作用を発見。
      (退社後は日立造船バイオ株式会社に権利移行)

    競争的資金

    • 姫路獨協大学特別研究助成、平成29年度研究課題名:「マウスにおける喫煙由来の DNA 損傷に対するメグスリノキの抑制効果の検討」研究代表(中村)、研究経費:40万円(年度交付額)
    • 姫路市産学協同研究助成、平成29年度、研究課題名:「サギソウからの天然酵の探索と花酵母によるお酒の開発」、研究分担(中村)、研究経費:150万円(年度交付額)
    • 姫路獨協大学特別研究助成、平成27年度、研究課題名:「マウスにおける喫煙由来の DNA 損傷に対するメグスリノキの抑制効果の検討」、研究分担(中村)、研究経費:35万円(年度交付額)
    • 姫路市産学協同研究助成、平成25年度、研究課題名:「姫路市植生植物由来の野生酵母を用いた地酒の開発」、研究分担(中村)、研究経費:78万円(年度交付額)
    • 姫路市産学協同研究助成、平成25年度、研究課題名:「新品種食用菊「上大野」の安定栽培法の確立と特性の探求」、研究分担(中村)、研究経費:78万円(年度交付額)
    • 姫路獨協大学特別研究助成、平成24年度、研究課題名:「II 型糖尿病ラットにおけるコンナルス熱水抽出物の血糖上昇抑制作用の検討」、研究代表(中村)、研究経費:100万円(年度交付額)
    • 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)「平成21年度 理数系教員指導力向上研修事業(希望型)」、平成21年(2日間)、研究課題名:「薬草から活性成分の単離・同定と軟膏の調整」、研究分担(中村)、研究経費:99.9万円(交付額)
    • 財)新産業創造研究機構(NIRO)平成21年度産学インキュベート事業、平成21年度、研究課題名:「甘菊新品種の用途開発のための調査研究」、研究分担(中村)、研究経費:75万円(年度交付額)、食用白菊花「上大野」(農林水産省品種登録第 21973号)
    • 独立行政法人 科学技術振興機構(JST)「平成20年度 理数系教員指導力向上研修事業(希望型)」、平成20年(2日間)、研究課題名:「薬草から活性成分の単離・同定と軟膏の調整」、研究分担(中村)、研究経費:99.9万円(交付額)

    その他研究活動

    • 姫路城さくらこうぼのお酒開発
    • 薬草入りクッキー開発(ルバーブ入り)
    • ひめどく健茶開発(漢方ハーブ)

    ※3.<品種登録> 登録番号:21973 号、品種登録年月日:平成24年9月25日
    農林水産植物の種類及び登録品種の名称:Chrysanthemum x morifolium Ramat
    「上大野」(登録後に本多義昭、中村隆典の権利を姫路獨協大学に移行)

    社会貢献活動

    学外における活動

    • 2020年4月
    • 薬剤師国家試験問題検討委員:法規・制度・倫理部会:(2020.0401から)
    • 2014年4月
    • 日本生薬学会代議員(現在に至る)
    • 2014年4月
    • 日本生薬学会関西支部委員(現在に至る)
    • 2011年4月
    • 大学薬用植物園園長・担当教員(現在に至る)
    • 2011年4月
    • 生薬・天然物化学教科担当教員(現在に至る)

    社会における活動

    • 2019年11月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI2019」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催
    • 2019年9月
    • 「国際フロンティア産業メッセ 2019」参加 ひょうご科学技術協会主催
    • 2019年6月
    • トライやるウィーク受け入れ 白鷺中学校、安室中学校、広嶺中学校
    • 2019年4月
    • ひめじぐるめらんど参加(姫路獨協大学薬学・看護部・人間社会学群のPR:パンフレット配布、ひめどく健茶の試飲、姫路城の桜酵母の酒PR)播磨食品異業種協議会・姫路料飲組合連合会・公益財団法人姫路・西はりま地場産業センター・播磨うまいもん会・姫路市主催、薬学生約4名引率
    • 2018年11月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI2018」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催
    • 2018年9月
    • 「国際フロンティア産業メッセ 2018」参加 ひょうご科学技術協会主催
    • 2018年8月
    • 「理工チャレンジ(リコチャレ)事業」参加(薬学部体験実習)姫路市男女共同参画推進センター主催
    • 2018年4月
    • 「第32回 ひめじぐるめらんど」出展(姫路獨協大学薬学部のPR:大学パンフレット配布、ひめどく健茶配布、食用菊上大野の紹介)
    • 2017年11月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI2017」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催
    • 2017年11月
    • 「兵庫ご当地グルメフェスティバルin宍粟&『日本酒のふるさと祭り』」出展 しそう森林王国観光協会(ひめどく健茶、さくらこうぼのお酒・きくこうぼのお酒、食用菊上大野の紹介)
    • 2017年9月
    • 「国際フロンティア産業メッセ 2017」参加 ひょうご科学技術協会主催
    • 2017年4月
    • 「第31回 ひめじぐるめらんど」出展(姫路獨協大学薬学部のPR:大学パンフレット配布、ひめどく健茶配布、食用菊上大野の紹介)
    • 2016年11月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI2016」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催
    • 2016年9月
    • 「国際フロンティア産業メッセ 2016」参加 ひょうご科学技術協会主催
    • 2016年6月
    • トライやるウィーク受け入れ 白鷺中学校、安室中学校、広嶺中学校
    • 2016年4月
    • ひめじぐるめらんど参加(姫路獨協大学薬学・看護部・人間社会学群のPR:パンフレット配布、ひめどく健茶の試飲、姫路城の桜酵母の酒PR)播磨食品異業種協議会・姫路料飲組合連合会・公益財団法人姫路・西はりま地場産業センター・播磨うまいもん会・姫路市主催、薬学生約4名引率
    • 2016年3月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 全日制
    • 2015年11月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 多部制
    • 2015年10月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、相生産業高等学校
    • 2015年10月
    • 「薬と健康の週間」の参加(漢方薬ブース)兵庫県健康福祉部健康局長依頼、姫路市薬剤師会依頼、薬学生約10名引率
    • 2015年9月
    • 中学生トライやる・ウィーク受け入れ(薬用植物園管理体験)、広嶺中学校
    • 2015年9月
    • 「国際フロンティア産業メッセ 2015」参加
    • 2015年9月
    • 重陽の節句、「食用菊上大野」出展 主催(依頼):姫路酒造組合、菊類種苗メーカー、姫路生花卸売市場
    • 2015年8月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨高等学校
    • 2015年6月
    • 中学生トライやる・ウィーク受け入れ(薬用植物園管理体験)、安室中学校
    • 2015年6月
    • ぶらぼ~キャンパス取材依頼、主催:NHK
    • 2015年5月
    • 兵庫県立姫路工業高校出張講義:4コマ(60分x4)、化学実験(紫雲膏の作成、フラボノイドの定性試験)
    • 2015年5月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催(構成団体:兵庫県立大学産学連携・研究推進機構、姫路商工会議所、兵庫県中播磨県民センター、姫路市)(姫路獨協大学薬学部の PR:大学パンフレット配布、ひめどく健茶配布、食用菊上大野の紹介)
    • 2015年4月
    • ひめじぐるめらんど参加(姫路獨協大学薬学・看護部・人間社会学群のPR:パンフレット配布、ひめどく健茶の試飲、姫路城の桜酵母の酒PR)播磨食品異業種協議会・姫路料飲組合連合会・公益財団法人姫路・西はりま地場産業センター・播磨うまいもん会・姫路市主催、薬学生約6名引率
    • 2015年3月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 全日制
    • 2014年12月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、相生産業高等学校
    • 2014年11月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 多部制
    • 2014年9月
    • 「国際フロンティア産業メッセ 2014」参加、主催(依頼):公益財団法人ひょうご科学
    • 2014年8月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨高等学校
    • 2014年8月
    • 福崎町サルビアセミナー、演題:漢方薬と身近に!主催:福崎町文化センター
    • 2014年6月
    • 中学生トライやる・ウィーク受け入れ(薬用植物園管理体験)、広嶺中学校
    • 2014年6月
    • 中学生トライやる・ウィーク受け入れ(薬用植物園管理体験)、安室中学校
    • 2014年5月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催(構成団体:兵庫県立大学産学連携・研究推進機構、姫路商工会議所、兵庫県中播磨県民センター、姫路市)(姫路獨協大学薬学部のPR:大学パンフレット配布、ひめどく健茶配布、食用菊上大野の紹介)
    • 2013年11月
    • 姫路市農林漁業まつり 参加(姫路獨協大学薬学部のPR:パンフレット配布、食用菊上大野説明会)、姫路市農業振興センター、姫路市農政総務課主催、薬学生約6名引率
    • 2013年11月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 多部制
    • 2013年10月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、上郡高等学校
    • 2013年8月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨高等学校
    • 2013年7月
    • 「企業・大学・学生マッチング in HIMEJI」参加 姫路地域産学官連携事業実行委員会主催(構成団体:兵庫県立大学産学連携・研究推進機構、姫路商工会議所、兵庫県中播磨県民センター、姫路市)(姫路獨協大学薬学部のPR:大学パンフレット配布、ひめどく健茶配布、食用菊上大野の紹介)
    • 2013年6月
    • 中学生トライやる・ウィーク受け入れ(薬用植物園管理体験)、広嶺中学校
    • 2012年11月
    • 姫路市農林漁業まつり 参加(姫路獨協大学薬学部のPR:パンフレット配布、食用菊上大野説明会)、姫路市農業振興センター、姫路市農政総務課主催、薬学生約4名引率
    • 2012年11月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 多部制
    • 2011年11月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 多部制
    • 2010年11月
    • 高校生インターンシップ受入れ(薬用植物園管理体験)、飾磨工業高等学校 多部制

    学内委員など

    • 就職委員
    • 広報委員
    • 実務実習委員
    • OSCE 委員
    • 薬用植物園管理