中山 優子

  • 中山 優子
    [なかやま ゆうこ]

    • 学部

    • 薬学部 医療薬学科:助教

    • 連絡先

    • 研究室番号:Y402

専門分野

  • 医療系薬学

担当科目

  • 薬剤学
  • 薬剤学実習
  • 日本薬局方
  • 薬剤系統合演習(PBL)
  • 模擬薬局実習

メッセージ

  • 探究心を忘れずに薬剤師としての素養を身につけましょう

学歴

  • 2018-現在
  • 神戸大学大学院 医学研究科 社会人博士課程 薬剤学分野
  • 2007-2013
  • 姫路獨協大学 薬学部 卒業

免許・資格

  • 薬剤師

主な職歴

  • 2021-現在
  • 姫路獨協大学 薬学部 助教
  • 2013-2020
  • 姫路獨協大学 薬学部 助手

所属学会

  • 日本薬学会
  • 日本医療薬学会

論文・解説

  • Fusao Komada, Yuko Nakayama, Kohji Takara. Analysis of time-to-onset and onset-pattern of interstitial lung disease after the administration of monoclonal antibody agents. Yakugaku Zasshi, 138(12):1587-1594(2018)
  • Fumiaki Kitazawa, Shin-ichi Fuchida, Yoko Kado, Kumi Ueda, Takatoshi Kokufu, Akira Okano, Mayumi Hatsuse, Satoshi Murakami, Yuko Nakayama, Kohji Takara, Chihiro Shimazaki. Pharmacokinetic interaction between tacrolimus and fentanyl in patients receiving allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Ann. Transplant., 22:575-580(2017)
  • Fumiaki Kitazawa, Shin-Ichi Fuchida, Fumitaka Ise, Yoko Kado, Kumi Ueda, Takatoshi Kokufu, Akira Okano, Mayumi Hatsuse, Satoshi Murakami, Yuko Nakayama, Kohji Takara, Chihiro Shimazaki. Combination of lenalidomide and low-dose dexamethasone therapy promotes the anticoagulant activity of warfarin in patients with immunoglobulin light-chain amyloidosis. Oncol. Lett., 14(1):475-479(2017)
  • Fumiaki Kitazawa, Yoko Kado, Kumi Ueda, Takatoshi Kokufu, Shin-ichi Fuchida, Akira Okano, Mayumi Hatsuse, Satoshi Murakami, Yuko Nakayama, Kohji Takara, Chihiro Shimazaki. The interaction between oral melphalan and gastric antisecretory drugs: Impact on clinical efficacy and toxicity. Mol. Clin. Oncol., 4(2):293-297(2016)
  • Atsushi Mizumoto, Kazuhiro Yamamoto, Yuko Nakayama, Kohji Takara, Tsutomu Nakagawa, Takeshi Hirano and Midori Hirai. Induction of epithelial-mesenchymal transition via activation of epidermal growth factor receptor constitutes to sunitinib resistance in human renal cell carcinoma cell lines. J. Pharmacol. Exp. Ther., 355(2):152-158(2015)

  • 駒田冨佐夫, 中山優子, 高良恒史:モノクローナル抗体医薬品による血液に対する有害事象の発症時期ならびに発症パターンに関する調査. 医薬品情報学, 20(2), 72-80(2018)査読あり
  • 北澤文章, 片山実佳, 村山和子, 森本拓也, 上田久美, 中山優子, 高良恒史, 佐原敏之, 淵田真:同種造血幹細胞移植時に発現する口腔粘膜炎の重症度に影響を与えるリスク因子. 日本病院薬剤師会雑誌, 54(9), 1126-1130(2018)査読あり
  • 北澤文章, 藤田佳史, 角陽子, 上田久美, 中山優子, 高良恒史, 国府孝敏:デキサメタゾンの投与量が乳がん患者に対するドセタキセルおよびシクロホスファミド療法の皮膚毒性に及ぼす影響. 医療薬学,43(6), 313-319(2017)査読あり
  • 木下淳,中山優子,駒田冨佐夫:医薬品情報学掲載論文からみた医薬品情報学に関する研究動向の解析. 医薬品情報学, 14(1), 26-34(2012)査読あり

口頭発表・ポスター

  • Yuko Nakayama, Kohji Takara, Tetsuya Minegaki, Kazuhiro Yamamoto, Ikuko Yano: Molecular characteristics of human leukemia cell line after the long-term exposure to the Bcl-2 inhibitor ABT-199. The 2nd International Cancer Research Symposium of Training Plan for Oncology Professionals, February, 2019, Osaka, Japan

競争的資金

  • 姫路獨協大学特別研究助成 研究分担者(2018年度)
    「癌細胞の分子標的治療薬に対する耐性獲得とその克服に関する分子生物学的解析」
  • 科学研究費補助金(基盤研究 C)研究分担者(2014-2016年度)
    「エピジェネティック解析情報に基づいた新規抗癌剤耐性克服法の確立」
  • 日本学術振興会 ひらめき☆ときめきサイエンス実施分担者(2013-15年度)
    ようこそ大学の研究室へ「GFP の「スゴさ」を体験~緑に光るクラゲのたんぱく質を使って実験!~」