内田 和彦

  • 内田 和彦
    [うちだ かずひこ]

    • 学部

    • 薬学部:助教

    • 連絡先

    • 研究室番号:Y502

      079-223-6852

専門分野

  • 細胞生物学
  • 腫瘍生物学 (がん細胞の特性)

担当科目

  • 分子生物学実習

メッセージ

  • 基礎を固めることが最も大事です。

学歴

  • 山口大学大学院理工学研究科自然共生科学専攻 博士後期課程 修了 (2003)
  • 山口大学大学院理学研究科生物学専攻 修士課程 修了 (1998
  • 山口大学理学部生物学科 卒業 (1996)

学位

  • 博士 (理学)

主な職歴

  • 2020
  • 姫路獨協大学 助教
  • 2019-2020
  • 姫路獨協大学 助手 (嘱託)
  • 2007-2019
  • がん研究会・がん研究所 博士研究員
  • 2005-2007
  • 山口大学理工学研究科 研究生
  • 2003-2005
  • 九州大学大学院農学研究院 リサーチアソシエイト

所属学会

  • 日本分子生物学会

論文・解説

査読あり論文

  • Koutarou Nishimura, Yoshikazu Johmura, Katashi Deguchi, Zixian Jiang, Kazuhiko S.K. Uchida, Narumi Suzuki, Midori Shimada, Yoshie Chiba, Toru Hirota, Shige H. Yoshimura, Keiko Kono, and Makoto Nakanishi Cdk1-mediated DIAPH1 phosphorylation maintains metaphase cortical tension and inactivates the spindle assembly checkpoint at anaphase. Nature Communications. vol. 10, 981, 2019.
  • Yusuke Abe, Kosuke Sako, Kentaro Takagaki, Youko Hirayama, Kazuhiko S.K. Uchida, Jacob A. Herman, Jennifer G. DeLuca, and Toru Hirota. HP1-assisted Aurora B kinase activity prevents chromosome segregation errors. Developmental Cell. vol. 36, p487–497, 2016.
  • Go Itoh, Shin-ichiro Kanno, Kazuhiko S.K. Uchida, Shuhei Chiba, Shiro Sugino, Kana Watanabe, Kensaku Mizuno, Akira Yasui, Toru Hirota, and Kozo Tanaka. CAMP (C13orf8, ZNF828) is a novel regulator of kinetochore-microtubule attachment. EMBO journal. vol. 30, p130-144, 2010.
  • Kazuhiko S.K. Uchida, Kentaro Takagaki, Kazuki Kumada, Youko Hirayama, Tetsuo Noda, and Toru Hirota. Kinetochore stretching inactivates the spindle assembly checkpoint. Journal of Cell Biology. vol. 184, p383-390, 2009.
  • Kazuhiko S.K. Uchida, and Shigehiko Yumura. Dynamics of novel feet of fast-moving Dictyostelium cells. Journal of Cell Science. vol. 117, p1443-1455, 2004.
  • Kazuhiko S.K. Uchida, Toshiko Kitanishi-Yumura, and Shigehiko Yumura. Myosin II contributes to the posterior contraction and anterior extension during the retraction phase in migrating Dictyostelium cells. Journal of Cell Science. vol. 116, p51-60, 2003.
  • Kazuhiko Uchida, and Shigehiko Yumura. Novel cellular tracks of migrating Dictyostelium cells. European Journal of Cell Biology. vol. 78, p757-766, 1999.

総説

  • 内田 和彦、広田 亨 染色体分配:マルチステップに進む姉妹染色体の分離 実験医学(増刊)、36巻、p135-141、2018年
  • Kazuhiko S.K. Uchida, and Toru Hirota Spindle assembly checkpoint: its control and aberration. DNA replication, recombination, and repair (Springer Japan), p429-448, 2016.

口頭発表・ポスター

招待講演

  • 内田 和彦、広田 亨 動原体間セントロメアに分布するAurora Bキナーゼの揺らぎ運動によって調節される分裂中期の染色体動態 第65回日本細胞生物学会大会 シンポジウム、2013年6月21日(愛知県)
  • 内田 和彦、広田 亨 Does the spindle-assembly checkpoint monitor the presence of tension? 第34回日本分子生物学会年会 ワークショップ、2011年12月16日(神奈川県)
  • 内田 和彦 細胞分裂の進行を監視する「紡錘体チェックポイント機構」についての新知見 山口大学 生物科学セミナー、2009年5月22日(山口県)

学会発表

  • 内田 和彦、広田 亨 動原体ストレッチングによる紡錘体チェックポイントの制御機構 第35回 染色体ワークショップ・第16回 核ダイナミクス研究会、2017年12月20-22日(愛知県)
  • 内田 和彦、広田 亨 紡錘体チェックポイントを解除する動原体の“ストレッチング” 第26回染色体ワークショップ、2009年1月26-28日(兵庫県)
  • 内田 和彦、広田 亨 細胞分裂中期において動原体に加えられた“張力”の定量的解析 第67回日本癌学会学術総会、2008年10月28-30日(愛知県)
  • 内田 和彦、広田 亨 細胞分裂中期において動原体が受ける“張力”の定量的解析 第30回日本分子生物学会年会、2007年12月(神奈川県)
  • 内田 和彦、祐村 恵彦 Detachment mechansms at the posterior of migrating Dictyostelium cells. 第40回日本発生生物学会・第59回 日本細胞生物学会 合同大会、2007年5月28-30日 (福岡県)

その他研究活動

  • 2010-2012
  • 若手研究(B)代表研究者