学部・大学院

教員紹介

岡村 恵美子 [おかむら えみこ]

写真

薬学部医療薬学科:生物物理化学研究室 教授

【連絡先】
部屋番号:Y509

岡村教授メールアドレス

http://www.himeji-du.ac.jp/faculty/dp_pharm/pharm/ph/index.html

専門分野

  • 生物物理化学
  • 機能物質化学
  • 生体関連化学
  • 物理系薬学

担当科目

  • 物理化学
  • 基礎物理学
  • 物理化学実習
  • 基礎実験(物理)
  • 物理・化学系統合演習(PBL)
  • 薬学基礎演習
  • 薬学応用演習
  • 薬学総合演習
  • 卒業研究

メッセージ

くすりや生き物は、突き詰めれば分子・原子の集まりです。薬学の「土台」となる物理・物理化学を、身近な現象から楽しく学びましょう。

学歴

京都大学大学院薬学研究科博士後期課程 中途退学(1983)
京都大学大学院薬学研究科修士課程 修了(1982)
京都大学薬学部 卒業(1980)

学位

薬学博士(京都大学)

主な職歴

2007- 
姫路獨協大学薬学部教授
2006-2007
京都大学化学研究所助教授
2001-2006
京都大学化学研究所助手
1983-2001
京都大学化学研究所教務職員

所属学会

日本化学会(コロイドおよび界面化学部会賞選考委員会委員 2013-2014;同関西支部長 2012-2013;関西支部委員2002-現在)
日本薬学会(近畿支部委員2007-現在;同幹事2009-2010;代議員2009-2011を歴任)
膜学会(理事2015-現在;評議員2013-2014;「膜」誌編集委員2009-現在)
日本油化学会(代議員2014-現在;関西支部幹事2013-現在)
日本生物物理学会
麻酔メカニズム研究会(評議員2001-)
溶液化学研究会
Biophysical Society, USA
American Chemical Society

受賞歴

日本膜学会 膜誌論文賞(2016)
第11回 日本油化学会 オレオサイエンス賞(2012)
第2回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント(2009)

著書・翻訳書

  • 『揺らぎ・ダイナミクスと生体機能—物理化学的視点から見た生体分子』(共著):化学同人(2013)
  • 『製剤のための物理化学』(共著):廣川書店(2012)
  • 『CBT対策と演習 物理化学』(共著):廣川書店(2009)
  • 『薬学生のための生物物理化学入門』(共著):廣川書店(2008)
  • "NMR Studies on Lipid Bilayer Interfaces Coupled with Anesthetics and Endocrine Disruptors" E.Okamura and M.Nakahara, in Liquid Interfaces in Chemical, Biological, and Pharmaceutical Applications, Ed. by A.G. Volkov, Marcel Dekker, New York, pp.775-805 (2001).

招待講演

招待講演

競争的外部資金獲得状況

  1. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究
    代表 「In-Cell NMRによる生きた細胞への薬物輸送のリアルタイム定量解析」 (2015.4.1~2018.3.31)

  2. 公益財団法人 ひょうご科学技術協会 平成25年度学術研究助成金
    代表 「In-cell NMRによる薬物の細胞内輸送の定量計測と予測モデルの構築」 (2013.4.1~2014.3.31)

  3. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究
    代表 「生体膜の揺らぎによるポリペプチドの拡散と膜透過の動的多核NMR解析」 (2012.4.1~2015.3.31)

  4. 文部科学省 科学研究費補助金 新学術領域研究「揺らぎが機能を決める生命分子の科学」(公募研究)
    代表 「生体膜の揺らぎによる薬物の輸送機構の動的多核NMR解析」 (2009.4.1~2011.3.31)

  5. 資生堂 女性研究者サイエンスグラント
    代表「薬物のin-cell NMR:シグナルの非侵襲検出と輸送解析」(2009.6.1~2010.5.31)

  6. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究
    代表「膜の熱揺らぎとドラッグデリバリーに関する動的多核NMR解析」 (2008.4.1~2011.3.31)

  7. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究
    代表「高感度高分解能NMRによる脂質ラフトの動態解析」 (2005.4.1~2007.3.31)

  8. 文部科学省 科学研究費補助金 基盤研究
    代表「リン脂質二分子膜中の内分泌撹乱物質の輸送解析」 (2002.4.1~2004.3.31)

その他研究活動

  • Physical Review Letters, 第93巻24号, 248101に掲載された学術論文 "Limited Slowdown of Endocrine-Disruptor Diffusion in Confined Fluid Lipid Membranes" E.Okamura, C.Wakai, N.Matubayasi, Y.Sugiura, and M.Nakahara, Phys. Rev. Lett. 93, 248101 (2004),  米国において生物物理学分野における卓越したフロンティア研究のみを集めて編集された 「Virtual Journal of Biological Physics Research (http://www.vjbio.org.)」の第8巻12号(2004年12月15日号)の一編に選ばれた。

社会貢献活動

  1. 平成25年度 姫路獨協大学シニアオープンカレッジ講師, 「くすりは どうして 体に効くの? — 体のなかのくすりの動きを調べる—」, 2013年11月15日

学会組織委員など

  1. The Seventh International Conference on Basic and Systemic Mechanisms of Anesthesia国内組織委員会委員(2005)

  2. 日本膜学会「膜シンポジウム2010」運営委員長(2010)

  3. The 6th The Asian Conference on Colloid and Interface Science (ACCIS 2015): National Advisory Committee(2015)

  4. 日本膜学会第38年会 副組織委員長(2016)

  5. 日本油化学会「油化学関連シンポジウムin姫路」世話人(2016)

  6. 第34回 物性物理化学研究会世話人(2016)

  7. 日本油化学会第55年会 実行委員(2016)

公的機関委員

  1. JSPS特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査員2007-2009

  2. JSPS科学研究費委員会専門委員2015-

学内委員など

姫路獨協大学入学試験教科委員会委員2007-2009, 2013-2014
姫路獨協大学FD委員2014-現在
姫路獨協大学評議員2015-現在


ページの先頭へ