学部・大学院

教員紹介

山本 泰弘 [やまもと やすひろ]

教授写真

薬学部医療薬学科:生理学研究室 准教授

【連絡先】
部屋番号:Y203

写真

http://www.himeji-du.ac.jp/faculty/dp_pharm/pharm/ph3/

専門分野

  • 生理学 
  • 薬理学

担当科目

  • 機能形態学
  • 実用薬学英語
  • 基礎実験(生物)
  • 生理学実習 
  • その他(PBL等)

オフィスアワー

随時

メッセージ

薬学は「ヒト」、「くすり」、「環境」を学ぶ総合科学です。幅広い知識を身に付け、「患者さんに頼られる」薬剤師を目指しましょう。

学歴

大阪大学大学院薬学研究科博士後期課程 修了(2009)
大阪大学大学院薬学研究科博士前期課程 修了(2004)
摂南大学薬学部 卒業(2002)

学位

博士(臨床薬学)

主な職歴

2008-2009 東京女子医科大学医学部 特任助教
2004-2005 薬効ゲノム情報株式会社 研究員

所属学会

日本薬理学会、日本薬学会

論文・解説 (2010年以降)

英文原書論文
  1. Yamamoto Y, Koma H, Hiramatsu H, Abe M, Murakami K, Ohya A, Yagami T. The combination treatment of etoposide and 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 induced synergistic anti-tumor effect against renal cell carcinoma via PPARγ independent pathways. Mol. Clin. Oncol. 2013. in press.
  2. Yagami T, Yamamoto Y, Kohma H. Leukotriene receptor antagonists, LY293111 and ONO-1078, protect neurons from the sPLA2-IB-induced neuronal cell death independently of blocking their receptors. Neurochem. Int. 2013; 63(3):163-171.
  3. Yagami T, Yamamoto Y, Kohma H, Nakamura T, Takasu N, Okamura N. L-type voltage-dependent calcium channel is involved in the snake venom group IA secretory phospholipase A2-induced neuronal apoptosis. Neurotoxicolgy. 2013. in press.
  4. Yagami T, Kohma H, Yamamoto Y, L-type voltage-dependent calcium channels as therapeutic targets for neurodegenerative diseases. Curr Med Chem. 2012; Oct 19(28), 4816-4827.
  5. Fujita M, Tohji C, Honda Y, Yamamoto Y, Nakamura T, Yagami T, Yamamori M, Okamura N Cytotoxicity of 15-Deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 through PPARγ-independent Pathway and the Involvement of the JNK and Akt Pathway in Renal Cell Carcinoma. Int. J. Med. Sci. 2012; Sep 9(7): 555-566.
  6. Takase K, Yamamoto Y, Yagami T. Maternal deprivation in the middle of a stress hyporesponsive period decreases hippocampal calcineurin expression and causes abnormal social and cognitive behaviours in adult male Wistar rats: relevance to negative symptoms of schizophrenia. Behav. Brain Res. 2012 Jun 15;232(1):306-15
  7. Fujita M, Tohji C, Sawada K, Yamamoto Y, Nakamura T, Yagami T, Yamamori M, Okamura N. Involvement of the mevalonate pathway in anti-proliferative effect of zoledronate on renal cell carcinoma, ACHN. Oncol Rep. 2012 May;27(5):1371-1376.
  8. Fujita M, Yagami T, Fujio M, Tohji C, Takase K, Yamamoto Y, Sawada K, Yamamori M, Okamura N. Cytotoxicity of troglitazone through PPARγ-independent pathway and p38 MAPK pathway in renal cell carcinoma. Cancer Lett. 2011 Dec 22; 312(2):219-227.
  9. Yamamoto Y, Fujita M, Kohma K, Yamamori M, Nakamura T, Okamura N, Yagami T. 15-deoxy- Δ12, 14-prostaglandin J2 enhanced the anti-tumor activity of camptothecin against renal cell carcinoma independently of topoisomerase-II and PPARγ pathways. Biochem Biophys Res Commun. 2011 July 8; 410(3):563-567.
  10. Yamamoto Y, Takase K, Kishino J, Fujita M, Okamura N, Sakaeda T, Fujimoto M, Yagami T. Proteomic identification of protein targets for 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 in neuronal plasma membrane. PLoS One. 2011 Mar 18;6(3):e17552.
  11. Yagami T, Takase K, Yamamoto Y, Ueda K, Takasu N, Okamura N, Sakaeda T, Fujimoto M. Fibroblast growth factor 2 induces apoptosis in the early primary culture of rat cortical neurons. Exp Cell Res. 2010 Aug 15;316(14):2278-2290.

II.英文総説

  1. Yagami T, Yamamoto Y, Koma H The Role of Secretory Phospholipase A2 in the Central Nervous System and Neurological Diseases. Molecular Neurobiology (2013) in press.

口頭発表・ポスター (2010年以降)

  1. Yagami T, Yamamoto Y, Kohma H.The 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2-induced neuronal cell death was suppressed by an antibody against its membrane target. Neuro2013 Kyoto, 2013 P1-1-227.矢上達郎山本泰弘高馬宏美. 15-デオキシ-デルタ12,14-プロスタグランジンJ2による神経細胞死はその膜標的タンパク質に対する抗体によって抑制される 第36回日本神経科学会大会 P1-1-227.京都、2013年6月.
  2. 山本泰弘、高馬宏美、平松大樹、阿部光佐、中村任、矢上達郎. 内因性抗腫瘍物質による腎臓癌細胞死誘導作用の解析. 日本薬学会第133年会. 30pmD-223、横浜、2013年3月.
  3. 髙橋稔, 山脇知佳, 山本泰弘, 高馬宏美, 矢上達郎, 中村任. ヒト腎がん由来細胞を用いたVHL遺伝子非依存的な低酸素応答関連因子の探索. 日本薬学会第133年会. 29amF-261、横浜、2013年3月.
  4. 山本泰弘、高馬宏美、平松大樹、阿部光佐、中村任、矢上達郎. 15-デオキシ-デルタ12, 14-プロスタグランジンJ2誘導神経細胞死に対する抗14-3-3抗体の効果  Effects of anti-14-3-3 antibodies on the 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2-induced neuronal cell death. 第86回日本薬理学会年会 P1-10、福岡、2013年3月.
  5. 矢上達郎、山本泰弘、高馬宏美. 分泌型ホスホリパーゼA2-IB惹起神経細胞死におけるロイコトリエン受容体アンタゴニストの神経細胞保護効果.  Neuroprotective effects of leukotriene receptor antagonists on the group IB secretory phospholipase A2-induced neuronal cell death. 第35回日本神経科学大会 O3-J-55-2、名古屋、2012年9月
  6. 山本泰弘、高馬宏美、藤田恵、山森元博、中村任、岡村昇、矢上達郎.  15デオキシ-デルタ12 14-プロスタグランジンJ2の細胞膜上における標的分子であるHSP70の抗体は神経細胞死を誘導する.  An antibody against HSP70, a membrane target for 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2, induced neuronal cell death. 第35回日本神経科学大会 P3-b28、名古屋、2012年9月.
  7. 山本泰弘、高馬宏美、藤田恵、山森元博、中村任、岡村昇、矢上達郎. 腎細胞癌に対する15-デオキシ-Δ12, 14-プロスタグランジンJ2と各種抗腫瘍剤との併用による相乗毒性.  The synergistic toxicity of the combination of 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 and several anti-tumor agents against renal cell carcinoma. 第85回日本薬理学会年会 P2-17-7、京都、2012年3月
  8. 田路千明、藤田恵、本田陽子、山本泰弘、中村任、矢上達郎、山森元博、岡村昇.  腎臓がん細胞における15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2の抗腫瘍メカニズムの解明.  The mechanisms of cell death induced by 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 in renal cell carcinoma. 日本薬学会第132年会 31P2-am016、札幌、2012年3月.
  9. 山本泰弘、高瀬堅吉、藤田恵、岡村昇、栄田敏之、矢上達郎.15デオキシ-デルタ12 14-プロスタグランジンJ2誘導神経細胞死に対する抗エノラーゼ抗体の効果.  Effects of anti-enolase antibodies on the 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2-induced neuronal cell death. 第34回日本神経科学大会、横浜、2011年9月、P2-q06.
  10. 山本泰弘、高瀬堅吉、藤田恵、岡村昇、栄田敏之、矢上達郎.腎臓癌細胞において、カンプトテシンは内在性抗癌物質15-デオキシ-デルタ12, 14-プロスタグランジンJ2の抗腫瘍活性を増強する.  Camptothecin enhanced anti-tumor activity of 15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2 in renal cell carcinoma. 第84回日本薬理学会年会 P3J19-2、横浜、2011年3月 J Pharmacol Sci. 2011; 115 (Sup 1): 278P.
  11. 田路千明、藤田恵、澤田京子、山森元博、山本泰弘、高瀬堅吉、矢上達郎、岡村昇  腎臓がん細胞における15-deoxy-Δ12, 14-prostaglandin J2の抗腫瘍効果  日本薬学会第131年会 29P-0780、静岡、2011年3月.
  12. 藤尾弥希、藤田恵、田路千明、澤田京子、山森元博、山本泰弘、高瀬堅吉、矢上達郎、岡村昇  腎臓がん細胞におけるトログリタゾンの抗腫瘍効果に対するp38 MAPK経路の役割  日本薬学会第131年会 29P-0781、静岡、2011年3月.
  13. 矢上達郎、山本泰弘、高瀬堅吉、岡村昇、栄田敏之.  神経細胞膜における15-デオキシ-デルタ12 14-プロスタグランジンJ2の新規標的タンパク質.  Identification of novel protein targets for 15-deoxy-Δ12,14-prostaglandin J2 in neuronal plasma membranes.  第33回日本神経科学大会 O1-7-3-2 2、神戸、2010年9月.
  14. 高瀬堅吉、山本泰弘、矢上達郎.  乳幼児期初期から幼若期後期の母性剥奪は雄性ラットにのみ自閉症に関連した複数の異常行動を引き起こす.  Maternal deprivation from the later infant stage to the early juvenile stage causes multiple abnormal behaviors related to autistic disorder only in mal e rats.  第33回日本神経科学大会 O2-7-3-2、神戸、2010年9月.
  15. 藤田恵、田路千明、澤田京子、山本泰弘、高瀬堅吉、矢上達郎、岡村昇.  腎臓がん細胞におけるトログリタゾンの抗腫瘍活性の検討.  The effects of troglitazone on proliferation in RCC cell lines.  日本薬学会第130年会 28P-pm362Q、岡山、2010年3月
  16. 山本泰弘、高瀬堅吉、松本準、吉田泰三、中村任、岡村昇、栄田敏之、奥村勝彦、矢上達郎.  腎臓癌細胞における低酸素誘導VEGF発現増強はVHL非依存的経路を介する.  Hypoxia induced upregulation of VEGF in renal cell carcinoma via VHL-independent pathways.  第83回日本薬理学会年会 P3J-21-3、大阪、2010年3月.

ページの先頭へ