最新情報

  • ホーム
  • 最新情報
  • 広峰小学校6年生が「総合的な学習の時間」の現地調査に訪れました。

広峰小学校6年生が「総合的な学習の時間」の現地調査に訪れました。

 2022年6月30日(木)、姫路市立広峰小学校6年生29名が、総合的な学習の時間「広峰の魅力について知ろう」というテーマで、校区内での現地調査のため、姫路獨協大学を訪れました。

 まず、大学の施設や歴史について紹介させていただいた後、講義棟、附属図書館、医療保健学部棟、薬学部棟、看護学部棟、学生食堂やプレイルームなどを見学していただきました。児童の皆さんは、タブレット端末を片手に、各所で写真や動画撮影をしながら、熱心に調べていました。

 施設見学の後、創立20周年記念ホールにて、調べたこと、わかったこと、感じたことを整理する時間が設けられ、「大学生の1日のスケジュールを教えてください」「教室はいくつありますか」「食堂のメニューは何種類ありますか」「獨協ってどういう意味ですか」など、たくさんの児童から積極的に質問があり、真剣にメモを取ってまとめていました。